日本語は面白い。例えば同じような意味を持つ言葉でも重さが違っていたりするものばかりである

「仕返し」はいたずら程度でも使えそうで、「返報」は「報復」ほど大きくはなく、「報復」は重大な行為を連想させる。「復讐」となると、さらに根強い恨みのこもった雰囲気が感じられる。 P.38

仕返し < 返報 < 報復 < 復讐

» 記事の続きを読む