もの思いにふけるのカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

カテゴリ:もの思いにふける

  • 2019/08/17もの思いにふける

    上記のスクリーンショットは仕事で世田谷から渋谷に向かっていたときのことですが、慣れない道を使うときにはGoogleのスマホアプリなどでルートや到着予定時間を確認しています。リアルタイムで都内の道路事情は変わっていくので、渋滞や事故が起こればナビは迂回させるルートを提案されていくのですが、選択できるルートの中でも重要視していることがひとつだけあるので今回はそれを紹介。...

    記事を読む

  • 2019/08/10もの思いにふける

    画像元 北斗の拳(ゲイラ)よりNightWalkerさんがiDeCoの使いづらさについて言及しているところが、過去の自分にも経験したことでしたし、これはもうiDeCoに加入するすべての人にとって使いづらいと感じているポイントなので改善要望の筆頭として書き残しておきます。イデコ 賢く使う7つの法則と私の3つの願望|NightWalker's Investment Blog...

    記事を読む

  • 2019/07/30もの思いにふける

    最近、仕事で都内を走る機会が多くなったけれど、以前は東京23区の地図を開いて目的地までのルートを確認してから出発していたものが、いまではGoogleナビアプリで目的地を設定してから出発という方法になっています。ほんの10年くらいで起こった変化なのですが、無料で使えるAndroidアプリの登場が自分の経験なんて必要ないくらいに進歩していて日々便利を痛感しています。もしかしたら人間の発明や技術の進歩って、人間の面倒く...

    記事を読む

  • 2019/07/27もの思いにふける

    バンガードのコラムに2歳の子どもを育てているローレン・ワイバーさんのコラムがありました。内容自体は子育ての経験からバンガードの哲学に通じているところへ向かうのですが、自分も子を持つ親として似たような経験がありましたので目を引きました。静観すべきときを知る|バンガード・インベストメンツ・ジャパン...

    記事を読む

  • 2019/06/23もの思いにふける

    老後に2000万円が足りないというフレーズを見てから世間の反応(マスコミ経由ですが)を知るようになって気付いたのですが、毎月コツコツと積み立てることのメリットに自分がその積み立ててきた金額を持つにふさわしい器まで育ててくれていることがあるように思えてきました。...

    記事を読む

  • 2019/05/20もの思いにふける

    宝くじや競馬などの公営ギャンブルで一攫千金できた人は、散財してしまってお金が残らないものです。もちろん娯楽のひとつの楽しみとして、競馬や宝くじを否定するわけではありません。自分の自由に使えるお金の範囲内でのギャンブルを否定することもありません。最終レースで一発当てて今日の損を取り返そうとする人は、運良く当たって今日は儲けて帰れたとしても、早かれ遅かれギャンブルで全額使い切ってしまうものです。そこで...

    記事を読む

  • 2019/05/12もの思いにふける

    先日卓球の大会があった時、木を見て森を見ずのような体験をしました。普段の練習では何でもない基本打法などのプレーが、試合になった途端に自分でもビックリするくらい何もできない…。イップスになってしまったのか!?(-_-;)大会から帰ってきて練習を再開したら、昼間の試合でのプレーが嘘のように治ってる。やはりイップスなのかも!?(-_-;)...

    記事を読む

  • 2019/03/26もの思いにふける

    2019年4月30日をもって平成が終わります。昭和から平成になったのは自分が中学生の頃でしたので、時代が変わる瞬間を迎えるのは2度目ということになります。その後は失われた10年や失われた20年と言われたように、日経平均株価が右肩下がりに長く大きく下落していきます。このおおよそ30年間で、当ブログのテーマでもある資産運用がどうなっていったのか振り返ってみました。...

    記事を読む

  • 2019/02/26もの思いにふける

    日本経済新聞の投信コラムに、運用会社に助言をする独立系の投資顧問会社のインタビューがありました。(外部リンク)普段ブログではインデックスファンドの紹介ばかりしていますが、アクティブの集合体が市場平均となるインデックスだとすると、アクティブファンドとインデックスファンドは表裏一体の関係です。「天才はいない」エンジェルジャパン(運用の達人)投資信託の運用を担うファンドマネジャーは、目まぐるしく変化する...

    記事を読む

  • 2019/02/15もの思いにふける

    コペルニクス的転回とは、見方や考え方が正反対に変わることのたとえ(Weblio 辞書)で使われるのですが、昔と現在では株式投資の世界でも環境や常識がかなり違う「コペルニクス的転回」が起こっているように感じます。...

    記事を読む

最短距離よりも重要視していること

2019-08-17-2.png

上記のスクリーンショットは仕事で世田谷から渋谷に向かっていたときのことですが、慣れない道を使うときにはGoogleのスマホアプリなどでルートや到着予定時間を確認しています。

リアルタイムで都内の道路事情は変わっていくので、渋滞や事故が起こればナビは迂回させるルートを提案されていくのですが、選択できるルートの中でも重要視していることがひとつだけあるので今回はそれを紹介。

» 記事の続きを読む

事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書がiDeCo普及の足かせ

息をするのも面倒くさい 北斗の拳
画像元 北斗の拳(ゲイラ)より

NightWalkerさんがiDeCoの使いづらさについて言及しているところが、過去の自分にも経験したことでしたし、これはもうiDeCoに加入するすべての人にとって使いづらいと感じているポイントなので改善要望の筆頭として書き残しておきます。

イデコ 賢く使う7つの法則と私の3つの願望|NightWalker's Investment Blog

» 記事の続きを読む

賢い人ほど怠け者だったりする説

成長 上昇 進歩 進化 右肩上がり

最近、仕事で都内を走る機会が多くなったけれど、以前は東京23区の地図を開いて目的地までのルートを確認してから出発していたものが、いまではGoogleナビアプリで目的地を設定してから出発という方法になっています。

ほんの10年くらいで起こった変化なのですが、無料で使えるAndroidアプリの登場が自分の経験なんて必要ないくらいに進歩していて日々便利を痛感しています。

もしかしたら人間の発明や技術の進歩って、人間の面倒くさいを解消するためなのではないか…と。

» 記事の続きを読む

何もしないとは何もしないことを選択していること

青空 子ども 完成 \(^o^)/

バンガードのコラムに2歳の子どもを育てているローレン・ワイバーさんのコラムがありました。

内容自体は子育ての経験からバンガードの哲学に通じているところへ向かうのですが、自分も子を持つ親として似たような経験がありましたので目を引きました。

静観すべきときを知る|バンガード・インベストメンツ・ジャパン

» 記事の続きを読む

積立のメリット 積み立ててきた金額を持つにふさわしい器まで育ててくれる

亀 のんびり ゆっくり コツコツ

老後に2000万円が足りないというフレーズを見てから世間の反応(マスコミ経由ですが)を知るようになって気付いたのですが、毎月コツコツと積み立てることのメリットに自分がその積み立ててきた金額を持つにふさわしい器まで育ててくれていることがあるように思えてきました。

» 記事の続きを読む

コツコツ貯められた人はドカンと使わない説

財布 お金がない 散在 無駄使い

宝くじや競馬などの公営ギャンブルで一攫千金できた人は、散財してしまってお金が残らないものです。

もちろん娯楽のひとつの楽しみとして、競馬や宝くじを否定するわけではありません。
自分の自由に使えるお金の範囲内でのギャンブルを否定することもありません。

最終レースで一発当てて今日の損を取り返そうとする人は、運良く当たって今日は儲けて帰れたとしても、早かれ遅かれギャンブルで全額使い切ってしまうものです。

そこで「コツコツ貯められた人はドカンと使わない説」があるのではないかと言う話。

» 記事の続きを読む

木を見て森を見ずでは勝てなかった体験

木 青空 緑

先日卓球の大会があった時、木を見て森を見ずのような体験をしました。

普段の練習では何でもない基本打法などのプレーが、試合になった途端に自分でもビックリするくらい何もできない…。

イップスになってしまったのか!?(-_-;)

大会から帰ってきて練習を再開したら、昼間の試合でのプレーが嘘のように治ってる。

やはりイップスなのかも!?(-_-;)

» 記事の続きを読む

失われた20年?資産運用における平成を振り返ってみる

教室 思い出

2019年4月30日をもって平成が終わります。

昭和から平成になったのは自分が中学生の頃でしたので、時代が変わる瞬間を迎えるのは2度目ということになります。

その後は失われた10年や失われた20年と言われたように、日経平均株価が右肩下がりに長く大きく下落していきます。

このおおよそ30年間で、当ブログのテーマでもある資産運用がどうなっていったのか振り返ってみました。

» 記事の続きを読む

質の高いアクティブファンドが多くなることは誰もが望むところ

データ 分析 資料 アクティブ

日本経済新聞の投信コラムに、運用会社に助言をする独立系の投資顧問会社のインタビューがありました。(外部リンク)

普段ブログではインデックスファンドの紹介ばかりしていますが、アクティブの集合体が市場平均となるインデックスだとすると、アクティブファンドとインデックスファンドは表裏一体の関係です。

「天才はいない」エンジェルジャパン(運用の達人)

投資信託の運用を担うファンドマネジャーは、目まぐるしく変化する相場と常に向き合い、成績向上を目指して格闘する運用のプロだ。「達人」の相場観や実績に裏打ちされた信念は、資産形成に取り組む個人投資家にと

» 記事の続きを読む

コペルニクス的転回が株式投資でも起こっている

色鉛筆 電球 アイデア 発想

コペルニクス的転回とは、見方や考え方が正反対に変わることのたとえ(Weblio 辞書)で使われるのですが、昔と現在では株式投資の世界でも環境や常識がかなり違う「コペルニクス的転回」が起こっているように感じます。

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます