経済・景気動向のカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

カテゴリ:経済・景気動向

  • 2020/04/01経済・景気動向

    2020年3月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。2月も新型コロナウイルスの影響でリスク資産が下がりましたが、3月はほとんどのイベントが中止になったり外食や観光業に客が入らないなど、実体経済でさまざまな問題を抱えています。2月に引き続き債券以外は大きく下げていて、特に国内外のREIT(不動産投資信託)が1ヶ月で-20%超と短期的に急落していることがわかります。...

    記事を読む

  • 2020/03/03経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2020年3月をアップしました2020年2月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。先月あたりから新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の悪影響で、株式市場は年末までの好調から一転して方向感のない状態が続いていましたが、最近は学校でも3月を待たずに3学期が終了して感染が拡大しないような措置をとられるほどに実生活でも影響を日々実感しています。国内外の株式や不動産(REIT)など...

    記事を読む

  • 2020/01/31経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2020年2月をアップしました2020年1月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の悪影響から、最近の株式市場は年末までの好調から一転して方向感のない状態が続いているようです。中国・武漢市から拡大していることから、特に新興国株式が大きく下がっています。株式アセットクラスは後退していますが、債券やREITアセットクラスはプラスとなってい...

    記事を読む

  • 2020/01/04経済・景気動向

    毎月末、投資信託の基準価額データから各アセットクラスのパフォーマンスを計測していましたが、2020年から少しだけリニューアルすることにしました。...

    記事を読む

  • 2020/01/03経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2020年1月をアップしました2019年12月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。リスク資産は相変わらず好調。特に新興国の株式と債券が上昇しました。12月末の基準価額が出ているので、年間パフォーマンスも確認できます。すべてのアセットクラスで2018年を上回るパフォーマンスとなりました。毎年毎年、大きな株価急落を体験することもなく平穏な日々を過ごしていると「今年(2020年)こそ気...

    記事を読む

  • 2019/12/02経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2019年12月をアップしました2019年11月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。米国株式市場は、雇用統計の好調を受けてS&P500やナスダック総合指数などで過去最高値を更新したり11月もリスク資産が上昇しました。人の感情は荒いものもので、好調なときが続くと株式投資は簡単だとなめてしまったり、不調が続くと卑屈になって正しいと信じて続けていても止めてしまったりするものです。良い...

    記事を読む

  • 2019/10/31経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2019年11月をアップしました2019年10月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。先月のリスク資産の上昇に引き続き、グラフを見れば一目瞭然ですが10月もまた同じように上昇しています。米国のS&P500種株価指数は過去最高値を更新したようで最近の株価は年末に向けて好調を維持しています。 参考  S&P株価が3カ月ぶり最高値更新 NYダウは132ドル高|日本経済新聞...

    記事を読む

  • 2019/09/30経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2019年10月をアップしました2019年9月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。先月は株式市場の下落をはじめ価格変動の大きかったのですが、9月は株式・不動産(REIT)市場が反発して上昇する月となりました。各アセットクラスのパフォーマンス2019年8月2019年8月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。先月は大きな急落もなく比較的堅調でしたが、8月はまたまた米国と中国の貿易摩擦か...

    記事を読む

  • 2019/08/31経済・景気動向

    2019年8月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。先月は大きな急落もなく比較的堅調でしたが、8月はまたまた米国と中国の貿易摩擦から価格変動の大きい1ヶ月となりました。各アセットクラスのパフォーマンス2019年7月2019年7月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。先月はすべてのアセットクラスがプラスになる珍しい1ヶ月となりましたが、7月も大きな急落もなく比較的堅調でした。各アセットクラスのパフォーマンス201...

    記事を読む

  • 2019/07/31経済・景気動向

    各アセットクラスのパフォーマンス2019年8月をアップしました2019年7月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。先月はすべてのアセットクラスがプラスになる珍しい1ヶ月となりましたが、7月も大きな急落もなく比較的堅調でした。各アセットクラスのパフォーマンス2019年6月2019年6月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。6月はすべてのアセットクラスがプラスになる珍しい1ヶ月となりました。各アセットクラスのパフォー...

    記事を読む

各アセットクラスのパフォーマンス2020年3月

chart.png

2020年3月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

2月も新型コロナウイルスの影響でリスク資産が下がりましたが、3月はほとんどのイベントが中止になったり外食や観光業に客が入らないなど、実体経済でさまざまな問題を抱えています。

2月に引き続き債券以外は大きく下げていて、特に国内外のREIT(不動産投資信託)が1ヶ月で-20%超と短期的に急落していることがわかります。

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2020年2月

2020-03-01-2


2020年2月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

先月あたりから新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の悪影響で、株式市場は年末までの好調から一転して方向感のない状態が続いていましたが、最近は学校でも3月を待たずに3学期が終了して感染が拡大しないような措置をとられるほどに実生活でも影響を日々実感しています。

国内外の株式や不動産(REIT)などの高リスクアセットクラスで2020年2月は下落していることがわかります。

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2020年1月

2020-01-31.png


2020年1月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の悪影響から、最近の株式市場は年末までの好調から一転して方向感のない状態が続いているようです。中国・武漢市から拡大していることから、特に新興国株式が大きく下がっています。

株式アセットクラスは後退していますが、債券やREITアセットクラスはプラスとなっているので分散投資をしている投資家にとっては2020年1月は比較的平穏に過ごせたのではないでしょうか?

今回からチェックしている投資信託を「Funds-i(ファンズアイ)シリーズ」から三菱UFJ国際投信が運用する「eMAXIS Slimシリーズ」に変更しています。

各アセットクラスの騰落率をFunds-iからeMAXIS Slimシリーズにリニューアルします

毎月末、投資信託の基準価額データから各アセットクラスのパフォーマンスを計測していましたが、2020年から少しだけリニューアルすることにしました。...

» 記事の続きを読む

各アセットクラスの騰落率をFunds-iからeMAXIS Slimシリーズにリニューアルします

企画資料 新商品

毎月末、投資信託の基準価額データから各アセットクラスのパフォーマンスを計測していましたが、2020年から少しだけリニューアルすることにしました。

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2019年12月

2020-01-01-2.png


2019年12月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

リスク資産は相変わらず好調。特に新興国の株式と債券が上昇しました。
12月末の基準価額が出ているので、年間パフォーマンスも確認できます。

2020-01-01-4.png

すべてのアセットクラスで2018年を上回るパフォーマンスとなりました。
毎年毎年、大きな株価急落を体験することもなく平穏な日々を過ごしていると「今年(2020年)こそ気をつけねば・・・」と感じてしまいます。

調子が良い時期でも過信することなく、調子が悪い時期でも卑屈になることなく平常心で株式市場を向き合っていきましょう。

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2019年11月

2019-12-01.png


2019年11月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

米国株式市場は、雇用統計の好調を受けてS&P500やナスダック総合指数などで過去最高値を更新したり11月もリスク資産が上昇しました。

人の感情は荒いものもので、好調なときが続くと株式投資は簡単だとなめてしまったり、不調が続くと卑屈になって正しいと信じて続けていても止めてしまったりするものです。

良いときでも悪いときでも感情のブレ幅が大きくなりすぎないように、なるべく安定して過ごしたいものです。

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2019年10月

2019-10-31.png


2019年10月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

先月のリスク資産の上昇に引き続き、グラフを見れば一目瞭然ですが10月もまた同じように上昇しています。
米国のS&P500種株価指数は過去最高値を更新したようで最近の株価は年末に向けて好調を維持しています。

 参考  S&P株価が3カ月ぶり最高値更新 NYダウは132ドル高|日本経済新聞

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2019年9月

2019-09-30.png


2019年9月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

先月は株式市場の下落をはじめ価格変動の大きかったのですが、9月は株式・不動産(REIT)市場が反発して上昇する月となりました。

各アセットクラスのパフォーマンス2019年8月

2019年8月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。先月は大きな急落もなく比較的堅調でしたが、8月はまたまた米国と中国の貿易摩擦から価格変動の大きい1ヶ月となりました。各アセットクラスのパフォーマンス2019年7月2019年7月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。先月はすべてのアセットクラスがプラスになる珍しい1ヶ月となりましたが、7月も大きな急落もなく比較的堅調でした。各アセットクラスのパフォーマンス201...

» 記事の続きを読む

タグ

各アセットクラスのパフォーマンス2019年8月

2019-08-31-5.png

2019年8月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

先月は大きな急落もなく比較的堅調でしたが、8月はまたまた米国と中国の貿易摩擦から価格変動の大きい1ヶ月となりました。

各アセットクラスのパフォーマンス2019年7月

2019年7月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。先月はすべてのアセットクラスがプラスになる珍しい1ヶ月となりましたが、7月も大きな急落もなく比較的堅調でした。各アセットクラスのパフォーマンス2019年6月2019年6月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。6月はすべてのアセットクラスがプラスになる珍しい1ヶ月となりました。各アセットクラスのパフォーマンス2019年5月2019年5月の各アセットクラス別のパフォーマ...


その中でも国内不動産であるJ-REITが堅調だったのが驚き!株式市場が下落してもJ-REITに限っては逆行高になることをたびたび見ることがありますので、株式と債券それに続くREITは分散投資としての存在を発揮しています。

8月のような世界同時株安が起こると、どうしても株価や資産残高などが気になりがちですが、動じない距離感をもって投資を続けていくことが投資における長生きの秘訣です。

世界同時株安でも動じない距離感で付き合っていきましょう

先週の株式市場は、米国のトランプ大統領が中国に対して「為替操作国」とツイッターで非難するなど、米中貿易摩擦がまた再燃し大きく動きました。eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの基準価額を見ても、下がっているところが目視できます。世界株安、米中対立の長期化懸念|日本経済新聞...

» 記事の続きを読む

各アセットクラスのパフォーマンス2019年7月

2019-07-31.png


2019年7月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。

先月はすべてのアセットクラスがプラスになる珍しい1ヶ月となりましたが、7月も大きな急落もなく比較的堅調でした。

各アセットクラスのパフォーマンス2019年6月

2019年6月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。6月はすべてのアセットクラスがプラスになる珍しい1ヶ月となりました。各アセットクラスのパフォーマンス2019年5月2019年5月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。5月は…というか2019年は米国と中国の経済摩擦に終わりが見えないところから、国内外の株式アセットクラスで大きく下落しています。高リスクなアセットクラスではJ-REITだけプラスの成績です。不思議。株式...


大きな急落がない穏やかな日が続くと、この先も右肩上がりの延長線が続くと錯覚してしまいがちです。
いつか来る急落に対して常に緊張して構えているのはやりすぎですが、自分の投資手法を見つめ直して下がる場合の耐性は大丈夫なのか理解することが大事です。

何もしないとは何もしないことを選択していること

バンガードのコラムに2歳の子どもを育てているローレン・ワイバーさんのコラムがありました。内容自体は子育ての経験からバンガードの哲学に通じているところへ向かうのですが、自分も子を持つ親として似たような経験がありましたので目を引きました。静観すべきときを知る|バンガード・インベストメンツ・ジャパン...


長期による資産運用ならば短期的な浮き沈みに一喜一憂しない「ほったらかし」で株価を見ないという考えもあります。

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます