最近の話題のカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

カテゴリ:最近の話題

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドが6回目となる信託報酬引き下げ!

購入・換金手数料なしシリーズ

ニッセイアセットマネジメントが運用する外国株式インデックスファンドである「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」が6回目となる信託報酬の引き下げを発表しました!

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの信託報酬率引下げ(投資信託約款変更)について|ニッセイアセットマネジメント(PDF)

» 記事の続きを読む

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019結果発表!栄冠は全世界株式(オール・カントリー)に!

赤い緞帳 授賞式 発表

週末に「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019」の授賞式がありました。
自分は参加していないのですが、現地からのツイッター速報や投信ブロガーからの発表もあり、ほとんど知れ渡っていように「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」が1位となっています。

他のランキングも含め書き残しておきます。

» 記事の続きを読む

Smart-i TOPIXインデックスが運用管理費用(信託報酬)の引き下げを発表!

Smart-i りそな

りそなアセットマネジメントが運用する「Smart-i TOPIXインデックス」が業界最安値に並ぶ運用管理費用(信託報酬)の引き下げを発表しました!

Smart-iシリーズはネット証券ではライバル他社とのコスト競争が激しいのですが、りそなグループのiDeCoではSmart-iシリーズが揃っていますので、価格競争のみが強調されがちなネット証券と違う方面での営業面で力を発揮するのではないでしょうか?

運用管理費用引き下げのお知らせ(Smart-i TOPIXインデックス)|りそなアセットマネジメント(PDF)

» 記事の続きを読む

マネックス証券iDeCoに「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」の取り扱い開始

地球 世界 手

マネックス証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)で「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」の取扱いを開始いたしました。

日本や新興国を含む全世界の株式を1本のファンドにした本命が「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」ですが、iDeCoではファンドの本数制限もあり、いままでどこのネット証券でも取り扱いがありませんでした。

マネックス証券ではeMAXIS Slimシリーズの取り扱い実績もあり「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」が期待されていましたが、本日(2020年1月10日)から取り扱いが開始されています。

【iDeCo】全世界株式(オール・カントリー)取扱開始|マネックス証券

» 記事の続きを読む

MAXIS 全世界株式(オール・カントリー)上場投信が2020年1月に新規設定なるか!?

地球 世界 手

日本経済新聞によると、三菱UFJ国際投信が新興国を含む全世界の株式に連動する上場投信(ETF)を2020年1月に設定するとの情報が舞い込んできました!

投信運用手数料、下げ拡大 個人の長期投資促す|日本経済新聞

» 記事の続きを読む

セゾン投信も投資信託の定期売却サービス提供を発表!

セゾン投信

セゾン投信も先日の楽天証券に引き続き、投資信託の定期売却サービスの提供を発表しました!

 参考  定期売却サービス提供のお知らせ~長期的な人生軸での資産形成・運用をサポート~|セゾン投信(PDF)

対象となる投資信託はセゾン投信が運用している「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド 」です。

» 記事の続きを読む

楽天証券も待望の投資信託の取り崩しサービスを開始!

老夫婦 年金 散歩

日本経済新聞によると楽天証券が12月29日から投資信託を毎月取り崩すサービスを始めるとのことです!

ネット証券ではSBI証券の投資信託定期売却サービスを唯一無二のサービスと存在していましたが、楽天証券がその取り崩しサービスを追随してきました。

楽天証券、投信の取り崩しサービス 高齢者向け|日本経済新聞

さらに詳細を見ると、SBI証券では定額の取り崩しのみの対応でしたが、楽天証券では定率での投資信託の取り崩しも始めるとのこと。

» 記事の続きを読む

国内ETFや海外ETFのいくつかの銘柄で取引手数料ゼロ時代に突入しました!

喜び ジャンプ ビジネスマン 青空 飛躍

つい先日、ネット証券5社で投資信託の販売手数料がすべて無料の話題を取り上げましたが、この1週間ほどでゼロ時代の競争が続き、国内ETFの売買手数料、そして海外ETFのいくつかの主要ETFでも買付手数料が無料という発表が続きました。

» 記事の続きを読む

市場区分議論からTOPIX廃止案?

分類 収納 分別 タンス

ちょっと前の話題ですが、金融庁の金融審議会市場構造専門グループによる東京証券取引所の市場区分見直し議論があるようです。

議論なので、突拍子もない事も含め様々な話が飛び交うようですが、日本経済新聞の記事を読んでみると「4つの市場区分(東証1部、2部、マザーズ、JASDAQ)を3つに再編([仮称]プライム、スタンダード、グロース)」「(例えば)時価総額250億円を基準」などが浮上しています。

TOPIX廃止案も浮上 「市場区分」議論大詰め|日本経済新聞

» 記事の続きを読む

ネット証券5社の投資信託が販売手数料ゼロ時代に突入しました!

歓喜 おーっ! 喜び

日本経済新聞によるとSBI証券・楽天証券・auカブコム証券・松井証券の投資信託の販売手数料を無料に、マネックス証券も全額キャッシュバックによる実質無料と手数料ゼロ時代に突入します!

 参考  投信手数料、SBIや楽天も無料化 ネット5社出そろう|日本経済新聞

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます