経済・その他ニュースのカテゴリ記事一覧

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

カテゴリ:経済・その他ニュース

日経が新指数「日経平均内需株50指数」「日経平均外需株50指数」の公表開始

ベンチマーク インデックス 指数

日本経済新聞社が日経平均株価の225銘柄の中から海外売上高比率を用いて50銘柄を選ぶ新指数「日経平均内需株50指数(日経内需株50)」と「日経平均外需株50指数(日経外需株50)」の公表を2019年4月15日から開始します。

 参考  「日経平均内需株50指数」「日経平均外需株50指数」の公表開始について|日経平均プロフィル(PDF)

» 記事の続きを読む

タグ

MSCI新興国株式指数の中国A株が2019年11月に20%まで引き上げられます

中国 国旗

日本経済新聞によると、MSCI新興国株式指数に現在5%組み入れられている中国A株が、段階的に引き上げられて2019年11月には20%まで引き上げられるとのことです。(外部リンク)

中国株に追い風 MSCIが組み入れ比率引き上げ 11月に20%へ

【NQNニューヨーク=滝口朋史】株価指数を開発・算出するMSCIは28日、「新興国株指数」に採用している中国本土上場の人民元建て株式(A株)の組み入れ比率を段階的に引き上げ、11月に20%にすると発表

» 記事の続きを読む

歴史は繰り返すのか?低格付け企業融資を束ねた米証券化商品が警戒されてきた

怪しい 影 妖怪 怖い

投資経験10年以上の個人投資家にとって、米国の証券化商品と聞くと信用力の低いサブプライムローンを組み込んだ証券化商品を思い出す人も多いことでしょう。

2007年のサブプライムショックから時を経て、2019年となった現在でも当時と似たような話が警戒されてきました。(外部リンク)

米証券化商品、リスク浮上 低格付け企業融資束…(写真=ロイター)

格付けが低い企業への融資をまとめたローン担保証券(CLO)と呼ぶ証券化商品が世界経済の新たなリスクになってきた。最大市場の米国での2018年の残高は6100億ドル(68兆円)超とリーマン・ショックが

» 記事の続きを読む

金融庁の改革が実を結びつつある!?投資信託の保有期間が長くなってきた話

メガネ ニュース 新聞 報道

日本経済新聞によると、投資信託の保有期間が2018年は平均3.4年となり2008年以来10年ぶりの長さになったとのことです。

投信保有が長期化 18年は平均3.4年、10年ぶりの長さ

個人が投資信託を保有する期間が長くなっている。2018年は平均3.4年と前年から0.8年延び、08年以来10年ぶりの長さになった。現役世代の間で長期間をかけて投信で資産を形成しようとする動きが広がっ


長期投資を志しているコツコツ投資家でも、より低コストな投資信託が登場により乗り換えたり、一般NISAの非課税期間が終了したことによりロールオーバーではなく最新の低コストな投資信託に乗り換えたりすることもあるでしょう。
リバランスによる定期的な投資信託の部分解約と購入もあることでしょう。

平均3.4年の投資信託保有期間はなかなか長いのではないか?という印象です。

» 記事の続きを読む

バンガードの創業者ジョン・ボーグル氏が死去されました

白い花 訃報

バンガード・グループの創業者で「インデックス・ファンドの父」と呼ばれるジョン・ボーグル氏が死去されました。

謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

「インデックス・ファンドの父」ボーグル氏死去|日本経済新聞
バンガード創業者のボーグル氏が死去 89歳|WSJ

» 記事の続きを読む

一般NISA、つみたてNISAの利用開始年齢が18歳に引き下げへ

NISA.jpg

2019年度税制改正で、つみたてNISAの2037年までの非課税期間を延長しない方針を固めました。
それとひきかえに、一般NISA・つみたてNISAを利用できる年齢が18歳に引き下げられるようです。

成人年齢が20歳から18歳に引き下げられるのに合わせた格好です。

» 記事の続きを読む

トルコショックによる株価下落が起こっています(2018年8月)

イスタンブール トルコ

最近、トルコの話題をツイッターで見るのですが、どうやらトルコの通貨であるリラが急落して、日本を含めた世界各国で株価が下落しているようです。

トルコショック、株安広がる 大統領は利上げ否定|日本経済新聞
トルコリラ、なぜ売られる? 3つのポイント|日本経済新聞

» 記事の続きを読む

米国フィデリティ 年間経費率0.00%のインデックスファンドで気になるポイントはないか考えてみた

ふき出し 子犬 モヤモヤ 考える

カンさんのブログに世界初!米国フィデリティが、年間経費率ゼロの『インデックスファンド』2本を設定!という気になる記事がありました。

アメリカ株式市場を投資対象
フィデリティ ZERO トータルマーケット・インデックスファンド(FZROX)

米国以外の先進国、新興国の株式を投資対象
フィデリティ ZERO インターナショナル・インデックスファンド(FZILX)

この2本を保有すれば全世界株式インデックスファンドが保有コストが無料で投資できるという今までの常識では考えられないファンドが誕生したことになります。

経費率が無料には何か問題がないのか考えてみました。

» 記事の続きを読む

マーケットメイク制度がはじまり1ヶ月!出来高が増加して機能しているようです

東証 東京証券取引所 マーケット 市場

東証は「マーケットメイク制度」を2018年7月2日の導入したので、スタートして1ヶ月経過しました。
東証マネ部に制度開始前と開始後の比較検証コラムがあります。

ETFマーケットメイク制度スタート!制度開始後1か月間の検証|東証マネ部!

» 記事の続きを読む

JPX日経400は8月31日に構成銘柄の6.5%(追加26除外25)が定期入替されます

電車 車両 入替 交差

8月31日に毎年恒例JPX日経インデックス400の構成銘柄の入れ替えが予定されています。

2018年のJPX400構成銘柄の銘柄入れ替えは、追加26・除外25となっています。
400銘柄中の26銘柄とは、均等配分されているポートフォリオの6.5%が変更となります。

JPX日経400銘柄入れ替え 中小型も実施|日本経済新聞

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます