自分には予知能力や予測なんて才能は持ち合わせていないけれど
花粉症持ちだから鼻や眼が季節の移り変わりを感じてくれます。
こんな能力いらね~から底値を知る才能をくれって感じですが
自分は生まれつき花粉症持ちではなく今の都内を走り回っている仕事を始めてからこうなった気がします
何を言いたいのかと言うと
「ある何らかの事柄をとことん突き詰めると稀に突然変異な能力が開花する可能性がある」
「それは本人の努力によって開花する確率が上がる」のではないか?
スポーツでいくつかの例を挙げると
NBAではデニス・ロッドマン(古っ!)
Jリーグでは武田(古っ!)
巨人揃いのバスケ界でロッドマンの身長は平凡である。
それなのに毎年、ぶっちぎりでリバウンド王だったのだ
まるで観客にはシュートミスしたボールの落下地点を予知しているようにも見える
しかし実際にはこのシューターがリングの奥、手前のどちらを目標にしているのか
このボールの軌道はドコに当たってドコに落下する可能性が高いのかなど
人並み以上に研究した本人の努力の賜物なのである。
同様に「ごっつぁんゴール王」武田も小さい頃からストライカーをしてきたからこそ
キーパーのパンチングやポスト、バーからのこぼれ球を誰よりも早く察知していたと思う。
他にも野球の守備の名手も打者によって守備位置を変えて難しい打球でも簡単にアウトにしてしまうのはよく聞く話ですね。
例が長くなりましたが相場師にも底値や高値を知る凄腕はたしかに実在します。
しかしその相場師の手法を他人が知ったところで本人しかわからない方程式や哲学がありすぎて
真似したくても実用不可能なケースがある
つまり投資でもスポーツでもその領域まで到達した人だけが理解可能な「専売特許」であり
上辺だけの真似だけで終わっちゃダメですよと
画家志望のひとはピカソを知るため、そして自身の成長のために絵を模倣します
しかしいつかは自分だけの絵、自分の答えを見つけなければならないのです。

あれっ?今日は何が言いたかったんだっけ…。
そうだ!自分の鼻や眼がシグナルを感じ取りました!
もう春ですね。



FC2 Blog Ranking

スポンサーリンク

関連コンテンツ

カテゴリ
タグ