安くなるまで買わない
高くなっても売らない
なんだかんだと言ってもバフェットの投資法で一番簡単かつ一番難しい部分はここでしょうか?
最近は面白いように国内株は暴落していますが買うにはもう一押しといったところでしょうか?
なにしろ去年末からずっと株式は昇り調子
いまの下げ幅は暴落と言うよりは調整と呼ぶ方が自然にさえ思います。
しばらくはマネックス資産設計ファンドしか買わなかったのは最近の自分にとっての国内株に対する評価がファンドのアロケーション20%程度と同水準だからです。
この先、国内株の下落によって株式投資にうまみが出てくるとアロケーションの比率を変更するのは当たり前と言えば当たり前なのです。
なにもアロケーションの変更は年に一回、決まった日にしなければいけない理由もないのです。

そろそろカウンターを仕掛ける準備をしないといけませんね。



FC2 Blog Ranking

スポンサーリンク

関連コンテンツ

カテゴリ
タグ