一日ですべて読み終えてしまった。内容が薄いのではなく
内容の素晴らしさにただただ魅入られたからだ。

なにがすごいってこの豊富なデータ量の収集(参考文献はあるが)と
分析がどこかのファンドマネージャーの仕事ではなく
医者と言う本業を持つ個人投資家がやったからなのだ。
読んでいると難しい計算式がでてきてその数値が何なのか
よく理解できない人もいるかもしれない。
しかしKAPPA氏はすぐにそのデータの意味と解説そして結論を
誰にでもわかりやすいように説明してくれる。
定量分析を基本にする投資家には絶対にオススメできる本ですね。
ちなみに自分は資産面BPSを基本に銘柄探しをしているのですが
この本ではPBRよりもPER、PCFR、EV/EBITDAといった
収益や企業価値のバリューを基本にするべきだと述べています。
それでも自分の投資法が否定されていると言う嫌な気分にはならずに
データと言う事実について淡々と結果と検証が続いていく。
これは傑作だと思う。



スポンサーリンク

関連コンテンツ

タグ