最近の相場で感じていたことは年末あたりから株価が右肩上がりになっていたから年明けには軽い調整みたいなものを想像していました
だから11月からは個別銘柄や株式インデックスファンドを買いたくても買えない状況が続いたわけです
ところが1月で高いと思った日経平均もアホみたいに2月末日まで上昇・・・。
もはや調整では済まされない水準であるのは言うまでもありません
ここで自分にとって誤算があったのは日本のみならず世界同時株安だったことです。
思惑ではマネックス資産設計ファンド内のアロケーションで約20%ある国内株が打ちのめされても
残る8割の5資産で相殺できればOKと構えていたのですが
さすがに多少は打ちのめされましたね。
先月末から今の時点(3月6日)で-2.96%です。
今回の失敗は積み立て向けのファンドと
「とりあえずの非難資金」を同じバランスファンドにしてしまった事です。
債券で非難してもマネックス資産設計ファンドの配分とカブってしまうので
MMFあたりを勉強しようかと思います。
まぁMMFも債券投資だけれども・・・。
やはりバラ売りが欲しいですね。以前にマネックス証券に
「国内株は自分で管理するから残る5資産のバランスファンドが欲しい」って
要望を出したことありますが、さすがに発売直後なだけにスルーされました。



FC2 Blog Ranking

スポンサーリンク

関連コンテンツ

カテゴリ
タグ