マネックス証券から 2007年5月31日(木)より、新顔が一挙6本登場です。
そのなかで「これはっ!」と思えるのが年金積立インデックスファンドでしょう。
さっそく「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」で紹介されています。相変わらず情報早っ!
それで今日時点の情報では販売手数料はまだ発表されていません。
わかりしだい追記で書こうと思います。
まぁ来週の木曜には販売だから誰にでもわかるもんですが
ノーロードなら自分にとって外貨MMFに替わる商品になるでしょう。
ちょっとテクニカル的な話をすると株価が暴落して株式を買いたいタイミングが来たとします。
そんなときこの年金積立インデックスファンドから資金をシフトして買いつける・・・。これはまったく正しい使い方で賢いとは思いますよ?
ただこのようなタイミングを待ち構えている個人投資家にとって厄介なのが買い取り請求でファンドを売却すると
現金化までこのファンドでは5営業日かかってしまうと言うことをしっかり理解しましょう。
レスポンスの面ではMMFは翌日現金で最強ですよ?
それと信託財産留保額は0.2%です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

カテゴリ
タグ