勝者の思考とはいったい何なのかを4つの章で記されています。

第1章 「グローバル・センス」を身につけている人

第2章 思考を立体化できる人

第3章 思考の時間軸が長い人

第4章 環境の変化に常に対応できる人

それぞれの章に素晴らしい経営者が登場しますが自分がとりわけ感動と興奮したのが
みずほフィナンシャルグループの前田晃伸社長です。
他にもトリンプやらGEやら日産、京セラ・・・素晴らしい経営者は登場しますが
みずほの前田社長の「思考の時間軸が長い人」は圧倒的にズバ抜けています。
この本は教育や管理職・経営・株式投資等々に興味がある人は絶対に読むべき一冊ですね。

もうひとつ付け加えるならこの本を読み終えたら
ビジョナリー・カンパニー2を続けて読んでみるのをオススメします。
みずほフィナンシャルグループの前田晃伸社長は国内に何人いるかどうかの数少ない第5水準のリーダーシップ経営者です。


スポンサーリンク

関連コンテンツ

タグ