海外の上場投資信託、東証に上場方針 年度内にも

引用
東京証券取引所は今年度中に、海外の上場投資信託(ETF)を上場させる方針を固めた。ETFは日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)のような株価指数の値動きに連動するように作られた投資信託。取引可能な投資商品を海外商品に広げることで東証の取引に参加する投資家を増やす狙いがある。

 年内にも海外ETFが上場できるように新規則を作る。金融庁の認可を得たうえで、まずは数本の海外のETFを上場させる方向。東証は提携先のニューヨーク、ロンドン両証券取引所との間でETFの共同開発や相互上場を検討中で、ETFの品ぞろえを増やしていく方針だ。

 ETFは株価指数に連動するため値動きがわかりやすく、従来の投信に比べて手数料が安い、といった利点がある。国内では株式市場活性化を狙って01年7月から上場が始まり、株式と同様に売買できるようになった。

 ただ、東証の上場本数は現在11本にとどまる。07年5月時点でETFに投資されている資産総額は約3兆円。それに比べ、欧米のETF取引はもっと盛んだ。米大手証券のモルガン・スタンレーの調べでは、07年3月末の米国のETFの資産総額は4283億ドル(約52兆円)、上場本数は428本、欧州はそれぞれ986億ドル(約12兆円)、299本に達している。

 大和総研の藤井佑二・ストラテジストは「米国では資産形成の一環として個人投資家が売買し、ETF市場が拡大した」と話す。東証が海外のETFを上場すれば、「海外投資に興味を持つ個人投資家が売買するはず」(ネット証券)との期待が証券業界にもある。

引用終わり


期待は心の奥の方でしておきましょうか?(笑)
いつかは必ず実行されますよ?これが世界の流れですからね。
でも年内に出来るか?と言えば疑問です。
株券が電子化されると海外ETFの他にも完全なる単元株の廃止とかいろいろ面白いサービスも可能な時代が来るかもしれませんね?
投資信託はなんだかんだですごい進歩の勢いを感じます。
海外ETFはそのひと区切りになりそうですね?それが年度内かわかりませんが・・・。
だって見出しにもあるように「東証に上場方針 年度内」です。方針!?

スポンサーリンク

関連コンテンツ

タグ