去年も同様の商品があったのだけれども(プレミアム・ハイブリッド2006)
今年も登場です。

プレミアム・ハイブリッド2007

この商品のウリは50万円からヘッジファンドを購入できると言う。個人投資家にとってちょうどいいモノらしい。

ちなみに普通の投資信託は何を買いつけたり売却していたりなどという情報は公開されます。
しかしヘッジファンドは非公開です。
これの場合、最長で15年間もの間は自分の資金が儲かっているのか損をしているのかサッパリわかりません。
冒険好きには面白いかもしれませんが50万円程度の小額だとコストもバカ高い(申込手数料は100万円以下だと2.625%)
10億円を持っていれば資金の一部(1億円)をヘッジファンドに振り分けるとして申込手数料が1.05%ですか・・・。

いらない・・・。

ついでに言うと現在のほぼすべてのヘッジファンドにはサブプライムローンのリスクが常についてまわります。
サブプライム問題が本当に表面化するのはこれからだと思うので
よくわからないものは手をつけないのが賢明でしょう。

サブプライムローンを組んでいるアメリカ人は「仕事を3つも4つも掛け持ちしても返済がぜんぜん追いつかない」と言います。
住宅ローンを組むときに営業の人に言われるがままに勧められたローンを組んだみたいですが・・・これはアメリカの景気が一気に冷え込むリスクはありますよ?社会問題ですし短期で解決する方法がまったく見つかりません。
証券化された住宅ローンがどう売買されて現在、誰がどれだけそのう○こ証券を持っているのかわからないのがサブプライム問題の現実です。
そんないつ爆発するかわからない地雷を持ちそうな可能性のある商品はこっちから遠慮です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

タグ