東証 東京証券取引所 マーケット 市場

東京証券取引所に上場している業種別ETFであるTOPIX-17【1617~1633】(野村アセットマネジメントのNEXT FUNDS)と、基準となるTOPIX【1306】の18本のETFを比較してみました。

東証のETFではマーケットメイク制度がはじまり、流動性が向上したので業種別ETFのような「つまみ食い」投資の使い勝手もよくなっています。

今回お試しで作成してみたのですが、需要がありそうでしたら毎月の企画ネタシリーズとして継続していく予定です。とりあえず記念するべき第1回です♪

TOPIX-17(業種別ETF)とは


TOPIX-17と東証33業種の業種区分
画像元 これからは業種別投資!-ETFで実践する業種別投資法-|楽天証券

日本株(業種別)ETFとは

TOPIXの構成銘柄を業種別に区分した株価指数には、33の業種分類に基づく東証業種別株価指数があります。TOPIX-17シリーズは、投資利便性を考慮して、33業種を17業種に再編した株価指数です。
日本株(業種別)ETFはTOPIX-17の各指数への連動をめざすETFです。

これからは業種別投資!-ETFで実践する業種別投資法-|楽天証券より引用


  • 比較期間は2018年10月末までの1年間と10年間の騰落率ランキングです
  • 10年間リターンは10年前から現在までの累計リターンを年率換算
  • わたしのインデックスの月末時点データ(配当込み)を利用して作成しています
  • 配当にかかる税金、再投資による売買コストは考慮していません


過去1ヶ月の業種別リターンランキング


2018-11-19.png
TOPIXの過去1年間のパフォーマンスは-9.4%となりました。
10月の国内株式は-10%近くの下落したこともあって、すべての業種でマイナスとなっています。
その中でも電力・ガス・食品といったディフェンシブ銘柄の業種に比較的下げに対して抵抗力があるのを確認できます。

過去1年の業種別リターンランキング


2018-11-16.png
TOPIXの過去1年間のパフォーマンスは-4.9%となりました。
過去1年のリターンでは、「NEXT FUNDS エネルギー資源(TOPIX-17)上場投信 (1618)」のパフォーマンスが+28.9%と際立っているのがわかります。
個別株投資をしている投資家は、鉱業・石油・石炭製品セクターに投資をしていないと勝つのが困難だったのではないでしょうか。

過去10年の業種別リターンランキング


2018-11-16-2.png
TOPIXの過去10年間のパフォーマンスは+8.7となりました。
起点がリーマン・ショックで低迷している時期なので、今になってみると株式を保有していることで期待されるリターン(5~7%)を超過しています。
実際の2008年頃の株式市場は、『やっぱり現金や国債が最強』と言われていて国内株式に投資しようとする人が少数派だった記憶があります。
東日本大震災(2011年)がありましたので、「NEXT FUNDS 電力・ガス(TOPIX-17)上場投信 (1627)」は-3.2%という結果になっています。
電力・ガスセクターはディフェンシブ銘柄の筆頭とも言われていましたが、電力・ガスに集中投資するより広域に分散することが大事であることがわかります。
それでも電力・ガスセクターに大きく投資したい場合は、個別株ではなくTOPIX-17ETFをうまく活用して投資していくことを強く推奨します。

過去10年の業種別リスク(標準偏差)ランキング


2018-11-18.png
TOPIXの標準偏差(過去10年間)は16.9%となりました。
リターンと違い標準偏差は小さいほうが優れているので、小さい順に並べています。
この標準偏差(過去10年間)ランキングは、基本的に数値が大きく変動することのないことが予想できますので非常に地味ですが、グラフを見るとどの業種がどの程度の値動きをするのかを知ることができるので投資上級者ほど見応えを感じるはずです。
それと大事なポイントとして、多くの業種を保有しているTOPIXがグラフの左側(上位側)にいることを知っていることも重要でしょう。

参考リンク・関連記事


TOPIX-17は東証33業種からまとめられていますが、さらに3タイプに分類してみました。

業種別ETFを3タイプ(景気循環・ディフェンシブ・中間)に分類してみた

東京証券取引所に上場している業種別ETFであるTOPIX-17【1617~1633】(野村アセットマネジメントのNEXT FUNDS)ですが、かつて東証では業種を33種に分類されていました。...


東京証券取引所は「マーケットメイク制度」がはじまりました。TOPIX-17ETFも対象なので売買における流動性が以前よりも向上しています。

マーケットメイク制度がはじまり1ヶ月!出来高が増加して機能しているようです

東証は「マーケットメイク制度」を2018年7月2日の導入したので、スタートして1ヶ月経過しました。..

関連記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ