引下げ 価格 プライス 値下げ

三井住友アセットマネジメントの「三井住友・DC日本リートインデックスファンド」および「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」の保有コストである運用管理費用(信託報酬)が2018年11月22日から引き下げられることになりました。

「三井住友・DC日本リートインデックスファンド」信託約款変更のお知らせ|三井住友アセットマネジメント(PDF)
「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」信託約款変更のお知らせ|三井住友アセットマネジメント(PDF)
ファンド名称変更前変更後
三井住友・DC日本リートインデックスファンド0.26%0.25%
三井住友・DC外国リートインデックスファンド0.28%0.27%
※プレスリリースより作成

今回の0.01%の信託報酬の引き下げにより、国内REIT・外国REITともに一歩遅れだったコスト水準が「購入・換金手数料なし(ニッセイ)」「たわらノーロード」と横並びになりました。
3ヶ月毎に更新している主要インデックスファンドの比較表で確認してみます。

2018-11-22.png

2018-11-22-2.png

どちらも業界最安値は、りそなアセットマネジメントが運用する「Smart-iインデックスシリーズ」。
ただコストだけでは語れない「純資産の規模」「指数との乖離」や「その他のコスト」など運用の質というトータルの評価では、個人的には「たわらノーロード」のREITインデックスファンドが頭一つ抜けている印象があります。

今回引き下げた「三井住友・DC日本リートインデックスファンド」と「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」はファンド名称にDCがついているけれど、ネット証券で一般購入できますし、「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」はSBI証券のiDeCoでも採用されている外国REITインデックスファンドですので、恩恵を受ける人は相当数いるのではないでしょうか。

参考リンク・関連記事など


次回からの主要インデックスファンドの成績からコスト引き下げ後の数値に変更します。

主要インデックスファンドの成績 2018年7月~9月

各運用会社のインデックスファンドが充実してきた昨今、どれも同じベンチマークに連動しているので、どれがインデックスファンドとして良い運用をしているのかわからないこともしばしば。...


国内外REITインデックスファンドの業界最安値は、りそなアセットマネジメントが運用する「Smart-iインデックスシリーズ」。設定当初はネット証券の取り扱いが皆無でしたが現在では購入できます。

Smart-iインデックスシリーズがネット証券でようやく取扱い開始!

りそなアセットマネジメントから「Smart-iインデックスシリーズ」が2017年8月29日から設定・運用されていましたが、いままで販売会社が存在していなかったので投資することができませんでした。ようやく...

関連記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ