2018-12-28-9.png

2018年の各アセットクラスのパフォーマンスを振り返ってみると、昨年の怖いほど堅調だった株式市場から事態は一変して年末にかけて米中の関係が不安定になってきたこともあり株価下落が相次ぎました。

記録を残してみてJ-REITと国内外株式アセットクラスが、意外なことに「上のときは下に」「下のときは上に」という関係になっていたことに気付きました。ほんの2年間だけなので偶然かもしれませんが面白い発見でした。

それとやはり2018年のようなほとんどの資産が下落していく中で、国内債券アセットクラスの流行に左右されないゴーイングマイウェイな部分がいかんなく発揮されていますね。

感覚的な話ですが、こんな好調すぎる日々は何年も続いていくわけではありませんから、+20~30%を得た現在のように-20~30%の損失を被る未来の可能性もあるケースも頭の片隅に入れておきましょう。

2017年総括 怖いほど年間を通じて堅調な1年でした


2018年の結果は-20~30%の損失ほどにはなりませんでしたが、2018年くらいの荒波で退場した人はおそらく信用取引などレバレッジを効かせていたのでしょう。もしくは高い価格で買い下落に耐えきれなくて売ったとか?

もし退場した人が投資戦略をあらためて再挑戦するのであれば、急いで儲けようとは考えずに慌てなくても毎月積立できる範囲内での投信積立をオススメします。やることなくて暇ですけど(^^)
 アセットクラス 2017年2018年 騰落率 
国内株式2353019692-16.31%
外国株式2677023703-11.46%
外国株式H1590714369-9.67%
新興国株式1604013224-17.56%
国内債券11208112650.51%
外国債券1547114839-4.09%
外国債券H1102010919-0.92%
新興国債券1340412219-8.84%
新興国債券H1326612196-8.07%
J-REIT216362400310.94%
外国REIT2533923063-8.98%
外国REIT・H1387412831-7.52%
※Funds-i(ファンズアイ)シリーズの基準価額より作成

株式アセットクラスのパフォーマンス2018年


2018-12-28-4.png
青 Funds-I TOPIX
赤 Funds-I 外国株式
橙 Funds-I 外国株式・為替ヘッジ型
緑 Funds-I 新興国株式
画像元 Yahoo!ファイナンス

債券アセットクラスのパフォーマンス2018年


2018-12-28-5.png
青 Funds-i 国内債券
赤 Funds-I 外国債券
緑 Funds-I 外国債券・為替ヘッジ型
橙 Funds-I 新興国債券
黒 Funds-I 新興国債券・為替ヘッジ型
画像元 Yahoo!ファイナンス

REITアセットクラスのパフォーマンス2018年


2018-12-28-6.png
青 Funds-i J-REIT
赤 Funds-i 外国REIT
緑 Funds-i 外国REIT・為替ヘッジ型
画像元 Yahoo!ファイナンス

各アセットクラスのパフォーマンスの説明このカテゴリでは、野村アセットマネジメントが運用するFunds-i(ファンズアイ)シリーズの基準価額を用いて、簡便的に1ヶ月における各アセットクラスの騰落率を確認する企画です。

本来ならば、ベンチマークを使用するほうが正確な数値が出るのですが、投資信託の基準価額ならば東証が閉じて夕方頃には発表されます。

速報としてザックリ知るのを目的に利用してください。
もしも分配金を出したファンドがありましたら、当月に限り分配金額を加算します。


過去の各アセットクラスのパフォーマンス


2013年総括 国内株式および為替ヘッジなしリスク資産への投資が成功した1年でした
2014年総括 各インデックスはすべて上昇という脅威の結果
2015年総括 好調だった新興国が不振となった1年でした
2016年総括 上半期に低迷したものの下半期で復調した1年でした
2017年総括 怖いほど年間を通じて堅調な1年でした
2018年総括 不安定な1年でしたが株価変動のよくある想定の範囲内に収まりました←New!

参考リンク・関連記事など


資産運用の対象は数え切れないほどありますが、当ブログでは伝統的資産と言われる株式や債券などで実践しています。

結局最後に笑うのは伝統的資産だろう

投資には株式や債券へ投資する伝統的資産と呼ばれるもの伝統的資産以外の新しい投資対象や投資手法といったオルタナティブ投資があります...


個別株式では倒産など資産価値がなくなる可能性がありますが、広く分散されたインデックスファンドでは無価値になることは限りなく考えられません。

インデックスは資産価値ゼロにはならない

日本経済新聞によると投資運用会社「プラザアセットマネジメント」が運用していた2つのファンドの資産価値がゼロになった結果、少なくとも14の厚生年金基金で計106億円の損失が...


分散が大事とは常々書いていますが、だれだけ分散すれば良いのか考察した結果、伝統的資産を中心にシンプルに決めるだけでした。

分散投資ってどれくらい分散すればいいのか

現在メインで積立しているファンドは「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」前は「ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)」さらに前は「世界経済インデックスファンド」に積み立ててきました...


スポンサーリンク

関連コンテンツ