ホールのグランドピアノ

子どもがピアノをやってみたいと興味を持って早いもので6年。

中学校入学までにはピアノ教室をやめる予定ですが、これまでにピアノを習ってきて色々分かってきたことをここにメモ。

本人の希望と家族の協力があるのならピアノはおすすめの習い事


ピアノを学ぶということは、やはり子どもにとって超おすすめの習い事だと思う。
なんか教室で見学していても天才発生装置みたいなところがある。

両手さらに足のペダルも使い、10本の指のタッチの強さ、音の速さ、半音上げ下げ、譜面の音符を見て指で数えて音階を探さないで覚えていることなど、普通の人には 真似のできないような超絶技術がピアノ教室では毎週行われています。

素人の自分には絶対に真似のできない芸当です。
実社会でこの技術が何に役立つのかは別にして、脳と身体がフル回転して働いている状態を見ると、これだけでも学ばせる価値があります。

ピアノにはメリットいっぱいだけどね…


デメリットはないように思えますが、ピアノの素人から見るとやはりピアノを習わせるということにはお金がかかる!

月の月謝代はもちろんですが、昇級試験みたいなピティナ(全日本ピアノ指導者連盟の演奏検定試験)や他の教室と合同でやったりする発表会。
ピティナやピアノ発表会などは 普段の教室ではなく、どこかのホールを借りて行うところなので、何かと費用がかかります。
普段着ではアレなので、特に女の子はお金がかかるような印象です。我が家は男の子で良かった。。。

ピアノを習うにあたって、やはり日々の練習が大事なので、家にピアノがないとピアノ教室だけで成長することはほぼ無理ゲーです。

なので習うにあたってピアノを購入する必要があります。
そこでの初期費用が他の習い事と比べて桁違いに高い!

グランドピアノはさすがに普通の家に搬入されるようなものではないので、我が家ではアップライトピアノを購入しました。

グランドピアノより割安なアップライトピアノでも、通勤バイク1~2台くらいの金額。。。

本当は電子ピアノが価格が安いし良かったのですが、鍵盤のタッチの感触が違うなどピアノ教室の先生の希望とピアノ屋さんのお勧めなどもあり、アップライトピアノの購入となりました。
今思えば、電子ピアノで良かったんじゃないかという気はします。。。

やっぱり電子ピアノのほうが良いような気がするぞ


6年経っても思うのは、やはりアップライトピアノより電子ピアノの方が良くない?

ここから先は愚痴です。

普段の家での次男坊の練習ではアップライトピアノですが、ショッピングモールにある楽器屋さんの電子ピアノを使って遊んでいた時のこと。

店に置いてあった電子ピアノでやっている次男坊は、家でやるアップライトピアノでの練習と比べてものすごく集中して行っていました。

客観的に見て電子ピアノの方が 調子が良いような気すらします。
聞いてみたら実際、電子ピアノの方が好感触だったようで、傍から見ている自分にもそれが感じ取れました。

電子ピアノは超静かにガチ練ができる!


電子ピアノの方が良いと思った理由その1
ヘッドホンで集中して練習できる!

電子ピアノにはイヤホンジャックがあって、それをヘッドホンにつなげば自分の音がヘッドホンから聞こえます。
アナログなアップライトピアノやグランドピアノではそれはできません。
当たり前の話ですが、電子ピアノの圧倒的に有利な理由はそこにあります。

集合住宅など音がでると都合が悪い場所にとっては、電子ピアノの方が絶対にオススメです。
アップライトピアノだと真ん中のペダルで音消し機能(音消しというか音が響かなくなる)があるのですが、どうしたってピアノの練習中に音は発生します。

電子ピアノだと無音で、ひたすら気が済むまで練習に打ち込めます。
しかもヘッドホンをしているので、自分から発生されるピアノ音だけに集中するだけでなく、外部の余計な雑音を気にすることもありません。

自分の奏でているピアノの音色だけが鮮明に聞こえます。

実は子どもがピアノを練習するうえで一番邪魔なのは、ピアノ素人による余計な口出しじゃないのかって妻と子どもの練習風景を見ると感じてしまいます。
もしかしたらピアノ経験者の親による子どもへの強引な指導もあるかもしれませんが。

自主練するなら簡単に録音・再生できるほうが便利!


電子ピアノの方が良いと思った理由その2
録音できる!

電子ピアノの優れているところに録音機能があること。

アップライトピアノで録音するには、スマホなどで動画を撮るなりICレコーダーのアプリなどで音を撮って、そこから再生して聞き直すことになります。

そういうことをしなくても電子ピアノには、どんな低グレードでも奏でた音を録音して再生する機能があります。

これは練習するうえで物凄く便利な機能です。
録音・再生機能があるだけで練習の上達に大きな差があるのではないでしょうか?

正直アナログなアップライトピアノでの練習より、電子ピアノで家で練習する方が倍以上の練習効果があるのではないか?
音大を目指すような家庭は例外ですが、効率的な練習を考えるのであれば 電子ピアノの方がコストパフォーマンスが良いでしょう。

家にピアノ設置すると床が沈む。。。


電子ピアノの方が良いと思った理由その3
小さく軽い!

アップライトピアノ購入して家に搬入する時、ピアノの作業員が数人がかりで家の中に運んできました。
家によってはユニックなどで吊り上げたりして家に入れる必要があります。

我が家の場合も窓を大きく開けてそこから家の高さまではユニックで持ち上げて、そこから数人の作業員の気合と根性で水平に運んでいた記憶があります。

とにかくピアノは重い。

電子ピアノだと、モノによっては自分で組み立てることなどがあったりします。
家で組み立てるのなら、作業員すら不要で自分一人で設置することも可能です。

電子ピアノが軽いとまでは言いませんが、通常のアップライトピアノやグランドピアノと比べれば圧倒的に軽いでしょう。

電子ピアノの圧倒的なコストパフォーマンス


電子ピアノの方が良いと思った理由その4
そして電子ピアノはその機能の充実さもそうですが、とにかくアップライトピアノと比べると安い!

自分の家のアップライトピアノは、そんなに上のグレードを選んだわけでもなく普通の一般層が買うグレードを選んだはずですが、それでも60万円ぐらいした記憶があります。

電子ピアノなら10万もあれば、かなり上のグレードを買えることになります。

次男坊がショッピングモールでひたすら遊んでいた電子ピアノは確か8万円ぐらい。
Amazonや楽天などネットで買うのならもっと安いかも。

電子ピアノのもっと高級なグレードを見ても15万ぐらいあれば買えていた価格帯です。

アップライトピアノと比べればどれを選んでも圧倒的に安い。安く済んだ上にピアノの練習で使うBluetoothヘッドフォンを選んでも余裕でお釣りが出るぐらい安く揃います。
もちろん電子ピアノにはイヤホンジャックがありますので、有線のヘッドホンでも練習可能です。

いろいろ考えてみたら、アップライトピアノは何が良かったんだろうという気持ちになってきました。

だんだん腹が立ってきたぞ!

アップライトピアノなどアナログなピアノの良いところは、指のタッチによって音色が無断階で表現できるのではところではないでしょうか?
電子ピアノでも鍵盤を引く強さによって、音の強さや長さなどは色々表現できるのですが、おそらくプロの耳からすると電子ピアノではアップライトピアノやグランドピアノのようなアナログにはかなわないところがきっとあるのでしょう。

しかし素人な自分にはその繊細な音感がわかりません(;・∀・)

素人な自分には、コストパフォーマンスや効率的な練習の面で、電子ピアノの方が総合的に優れていると感じてしまいます。

おそらくアナログなピアノの良さが分かるのは、プロレベルの耳でないと分からないのではという感じです。

そしていろいろピアノ教室をやっていて気付いてきたことに、ピアノは続けていくと「調音」と言う音の正しさを直すメンテナンス費用がかかるのです。

そこが ピアノ購入後の維持費用となるのですが、おそらく電子ピアノにはそういう調音という追加の費用が発生しないのではないか?

そう考えたらピアノ屋とピアノ教室は、一生懸命アナログなアップライトピアノなどを進めている理由があるんだなという気持ちがふつふつと湧いてきました。

だんだん腹が立ってきたぞ!

ピアノ素人家族には高みを目指さなくても良いという選択肢もあるよ


「これから子どもにピアノを教えたい」というピアノ素人両親にアドバイスするとすれば、ピアノは電子ピアノで十分だし、こだわりがなければ中古でも十分じゃないのかなということです。

ピアノを習うにあたって、ピアノの先生には「家にピアノがすでにあります」とか「部屋の都合でアップライトピアノが入らない」や「家では電子ピアノで練習するのが条件」などテキトーな理由をつけて習い事を始めればいいのです。
そこまで気合を入れて敵対心をもって教室にいくこともないでしょうが^^;

もし自分自身がピアノをやってきて、子どもにもピアノを教えたくて将来的には音大などを目指すというのなら話は別ですが、特にこだわりもなく習い事の一つの選択肢としてピアノを考えているのであれば、費用は安いに越したことはありません。

選ぶのなら電子ピアノを個人的にお勧めしますよ。
子どもはヘッドホンで周りの雑音に気にせず好きなだけ練習する方がいいですし、何だかんだでピアノが鳴り続けている練習時間に習い事をしている本人以外がテレビなど好きなものは観れなくなります。

新しい譜面をもらってきて、すぐにキチンと弾ける人なんていません。
何度も失敗して子どもは少しずつ新しい楽曲に慣れていきます。

子どもにとってもまだ慣れていない新曲にトライしている最中に、素人な親や自分より上手くて当たり前な経験者の親にあれこれ言われるよりも、自分でヘッドホンから聴こえる自分の音色に集中して練習を続けている方が幸せというものです。

参考リンク・関連記事など


妻の無茶ぶりにより、ピアノをやったことないのに発表会で演奏するという罰ゲームをさせられました。。。

【悲報】未経験なのに来年ピアノ発表会に立つ

今年の春先から次男坊がピアノを習い始めているのですが鬼嫁から鬼のような指令が来ました『来年の発表会にS輔が出るよ~!んであなたが伴奏することになったから♪』...


まだ習いたての頃には連弾で壇上にのぼったこともあります。今じゃもう子どものレベルに近づくこともできなくて無理ですが(;・∀・)

ピアノは絶対に今回限りだといっても誰も信じてくれない日本語の不思議

【悲報】未経験なのに来年ピアノ発表会に立つ(2013.10.10作成)いまから1年前に起こった悪夢から練習をかさねてきて、昨日はピアノ発表会がありました。とうとう発表当日になりました(; ・`д・´)...


子育てしていると救急車呼んだり学校に呼び出されたり表彰されたり…いろいろありますね。。。

子育てしていると自分の時間がもてなく予想外の連続だがそれでいい

2002年に結婚をしたのですが、昨日の昭和の日(当時みどりの日)は結婚記念日でした。特別なにかをしたわけでもなく、サッカーボールやテニスラケット&ボールなどを車に積んで、浦安市にある運動公園で遊んできました。...

関連記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ