赤い緞帳 授賞式 発表

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018の結果が発表されました!

2018年から「つみたてNISA」が開始されて、長期投資に適した低コストインデックスファンドが登場してきた中で、どのようなファンド(アクティブファンドも含む)がランクインされたのか注目していました。

それでは1月13日に公開されたランキングを発表します!

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018のランキング


1位eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
2位<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
3位eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
4位楽天・全米株式インデックス・ファンド
5位eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
6位セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
7位バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
8位eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
9位楽天・全世界株式インデックス・ファンド
10位eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
11位ひふみ投信
12位野村つみたて外国株投信
13位eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
14位バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
15位結い 2101
16位バンガード・米国高配当株式ETF
17位iFree S&P500インデックス
18位eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
19位農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド
20位コモンズ30ファンド
21位SBI・全世界株式インデックス・ファンド

 参考  投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018(公式ページ)

気になるファンドをピックアップしてみた


昨年の覇者である「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」は第9位という結果。
今回の覇者は「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」という結果になりました!

4位「楽天・全米株式インデックス・ファンド」と8位「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」のように、近年は好調な米国経済もあり米国株式投資家も多くなってきたことで、米国株式インデックスファンドがより広域に分散された先進国株式インデックスファンドよりも人気が高くなっている傾向もあります。

アクティブファンドでカリスマ的な人気を誇る「ひふみ投信」は11位という結果。2018年のひふみ投信はパフォーマンスが振るわなかったこともありましたが、長期投資家による下支えと値上がりを期待していた新規の顧客が錯綜した印象のあった昨年でした。
今回のランキングはつみたてNISA元年ということもあり、低コストなインデックスファンドに人気が集中した印象があります。

他にもFOY2018投票開始ギリギリで間に合わせてきた全世界株式の筆頭候補とも言える「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」は3位という成績でフィニッシュ!

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」と「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」はこの先ライバル関係として競争していくのか、他社の全世界株式インデックスファンド(日本含む)が参戦していくのか2019年以降の楽しみとなりそうです。

ちなみに今回のFOY2018で自分が投票したファンドは2本。
「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」は5位という結果。
「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」は1位という結果になりました!

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスは2018年は信託報酬を異次元のレベル(国内株式より低コスト)まで引き下げた実績があったので、今回獲らなきゃいつ獲得できるの?という高みまで外国株式インデックスファンドの低コスト水準を引き上げました。

2019年の投信界隈はどう動くのか…中の人にもわからない!?


これから先、新たな低コストインデックスファンドの登場でランキングが入れ替わるというよりも、既存のファンドの安定的な運用や資金流入が評価されてランキングが形成されていくことが考えられます。

インデックスファンドに関しては、問題なく運用できていることが高評価になっていて、運用ミスによる損失が発生すると大きく評価を下げているところもあります。
それだけ投票もシビアになっているし上位ファンドのランキングの入れ替わりは、刺激的な情報ではなく小さな高評価の継続が報われていくようにも感じます。

他には、基本的なアセットクラスに投資するファンドが出揃ってきた印象があります(毎年思っているけれど)ので、他の選択肢として生活必需品やハイテクなどセクターインデックスファンドや、バリューやグロースなどスマートベータインデックスファンドがでるかもしれません。

どんな2019年となっていくのか予想もつきませんが、投信ブロガーとして運用会社がどんなファンドをリリースしていくのか楽しみにしています。

FOY2018結果発表(懇親会)に向けて、仕事の傍ら多くの有志の頑張りでイベントが作られています。今回もお疲れ様でしたm(_ _)m

参考リンク・関連記事など


FOY2018の投票に向けて注目されるファンドをまとめた記事がこちらです。2018年の振り返りも含めてどうぞ♪

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018の投票に先立ちノミネートファンドをピックアップ

2018年も早いもので残り2ヶ月。そんなことを思うようになるのも投信ブロガー恒例のFOY投票の季節がやってきたからです。「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」の公式サイトがオープンしています...


FOY2018を獲得した「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」は信託報酬0.20%(2017年2月27日設定)→0.19%(10月2日)→0.189%(11月10日)→0.1095%(2018年1月30日)→0.109%(7月25日)と保有コストを引き下げた実績のある投資信託です。

eMAXIS Slimシリーズの3ファンドがニッセイに対抗して信託報酬を引き下げへ!

eMAXIS Slimシリーズの3ファンド(先進国株式・新興国株式・8資産均等型)の運用管理費用(信託報酬)が引き下げられることになりました。現在、保有コストである運用管理費用の最安値インデックスファンドはeMAXIS Slimシリーズなのですが...


ちなみに自分が投票したファンドがこちらです。投信マニアなら伏せていてもわかる…はず…?

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に投票しました #foy2018

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に投票しました 。今回も投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018の投票に先立ちノミネートファンドをピックアップで取り上げたファンドの中から票をいれました。...


スポンサーリンク

関連コンテンツ