白い花 訃報

バンガード・グループの創業者で「インデックス・ファンドの父」と呼ばれるジョン・ボーグル氏が死去されました。

謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

「インデックス・ファンドの父」ボーグル氏死去|日本経済新聞
バンガード創業者のボーグル氏が死去 89歳|WSJ

ボーグル氏は75年にバンガードを創業。アクティブ運用が主流だった時代にインデックス投信が優位と信じ、翌年に「S&P500インデックス・ファンド」を業界で初めて売り出した。
運用手数料を低く抑え、しかもノーロード(販売手数料無料)という投信業界の革命ともいえる運用・販売手法を導入。業界では「愚行」ともいわれたが、インデックス・ファンドは現在では世界の株式市場で最も投資家の資金を集める金融商品となった。

「インデックス・ファンドの父」ボーグル氏死去|日本経済新聞より引用


日本経済新聞にジョン・ボーグル氏の功績が書かれています。自分を含め、このブログをはじめとしたインデックス投資界隈のブロガーはジョン・ボーグル氏の功績がなければ出会うことすら叶わなかったことでしょう。

もしもジョン・ボーグル氏のアイデアのもとでインデックスファンドの運用と販売がなかったとしたら、バンガードが創業されなかったら、世の中にインデックスファンドが存在することもなくアクティブファンドだけの世界だったかもしれません。

米国から遠く離れた日本でも、現在はバンガードに倣えと投資費用の抑制に取り組むコスト革命が起こり運用会社による手数料戦争が起こっています。

ジョン・ボーグル氏は亡くなっても、インデックスファンドは時代を超えて永久に残り続けることでしょう。

参考リンク・関連記事など


晩年のボーグル氏は「米国が最良の投資先だと考えている」とコメントされていました。興味深いのは「シンプルな賭けだ」とも述べていたことです。

米国は間違いなく重要な国ですが、世界の中のひとつの国に過ぎない

最近、米国株式に集中投資するブログを見ることが多くなってきた気がします。フクリさんのブログで、米国株式のみに投資する風潮をどう見ているのか?という提案があったので自分も書いてみました...


日本でも普及が進んでいるiDeCo。米国ではボーグル氏のインデックスファンドが急成長したキッカケとなりました。

個人型確定拠出年金(個人型401k)の誰でも加入で投資信託は変わる

厚生労働省は、公的年金に上乗せする形で年金や一時金を受け取れる「個人型確定拠出年金(個人型DC)」の制度を見直して、誰でも加入できるようにする方針を固めました。今後は...


最近の日本における投資信託でも低コストな投資信託による積立投資の時代が来ています。これももとを辿ればボーグル氏の功績によるところも大きいでしょう。

投資といえば低コストな投信積立の時代が来ています!

日本経済新聞によると、SBI証券の投信積立が好調で、6月の投信積立による資金流入が約65億円に上り、大手の証券会社に匹敵する水準まで来ているとのこと...

関連記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ