プライスダウン 値下げ 引き下げ 費用

野村アセットマネジメントが運用するDC(確定拠出年金)専用投資信託14本の運用管理費用(信託報酬)が引き下げられることになりました。

外国株式こそ業界最安値には達していませんが、他のアセットクラスでは業界最安値という水準となっています。

野村アセット、DC投信の信託報酬下げ

野村アセットマネジメントは6月から7月にかけて確定拠出年金(DC)向け投資信託の信託報酬を引き下げる。下げ幅は最大0.1%で、国内株式型など一部では業界最低水準になる。企業が採用商品を選ぶ際にコスト

このたび、加入者の皆様が、よりリーズナブルに長期投資を実践していただけるよう、DC専用ファンドのうち残高の多い以下14のインデックス型運用ファンドの信託報酬率を引き下げることとしました。引き下げは、対象の各ファンドの目論見書改訂に合わせて、2019年6月および7月に行います。

確定拠出年金向けファンドの信託報酬率引き下げについて|野村アセットマネジメント(PDF)より引用


残高の多いインデックスファンドの信託報酬率を引き下げるとのこと。eMAXIS Slimに対しての皮肉にも感じるのは自分だけ!?

カテゴリファンド名引下げ後引下げ前適用日
国内債券野村国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合(確定拠出年金向け)0.12%0.16%6月18日
野村DC国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合
国内株式野村国内株式インデックスファンド・TOPIX(確定拠出年金向け)0.14%0.19%7月23日
野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX
外国債券野村外国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け)0.14%0.21%7月23日
野村DC外国債券インデックスファンド
外国株式野村外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI(確定拠出年金向け)0.14%0.22%6月18日
野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI
バランスマイバランス30(確定拠出年金向け)0.14%0.22%6月20日
マイバランスDC300.23%
マイバランス50(確定拠出年金向け)0.24%
マイバランスDC500.22%
マイバランス70(確定拠出年金向け)0.23%
マイバランスDC700.24%
※信託報酬は税抜き表示

業界最低水準を目指し続けるeMAXIS Slimシリーズが、今回の野村アセットマネジメントのDC専用投信でも発動されるのか注目されます。

eMAXIS Slimシリーズでは「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」が以前「SBIインデックス・ファンド(旧 EXE-iつみたて先進国株式ファンド)」の登場時に、対象指数が違う海外ETFに投資するファンド・オブ・ファンズでも引き下げた経緯があります。

確定拠出年金(DC)向け投資信託でも、業界最低水準を目指し続けるeMAXIS Slim砲が発射されるのか注目されます。
eMAXIS Slimシリーズは確定拠出年金(DC)向け投資信託ではありませんが、iDeCoでもネット証券を中心に販路が拡大されていますので可能性が高そうです。

今回の話題に関連の強い過去記事や参考リンクなどを紹介。

野村アセットマネジメントの国内ETFは東証の中でも存在が際立っています。基本アセットクラスをキチンと揃えているのは好感が持てます。

野村ETFのNEXT FUNDSから国際分散投資に有用な基本アセットクラスが上場

野村アセットマネジメントが運用するETF「NEXT FUNDS」から、国内債券・外国債券(為替ヘッジあり・なし)・外国株式(為替ヘッジあり・なし)・外国REIT(為替ヘッジなし)の6本が、2017年12月11日に東京証券取引所にて上場されます。 参考  国内債券・外国債券・外国株式・外国REITを連動対象指数とするETF(上場投信)の新規設定について〜12月11日に東京証券取引所へ上場予定〜|野村アセットマネジメント(PDF) ...


運用管理費用(信託報酬)の引き下げとなると、真っ先に思いつくのがeMAXIS Slimは対抗してくるのか?当たり前のように感じるこの安心感は他社にとっては驚異でしょう。

eMAXIS Slimシリーズは業界最低水準を目指し続けるインデックスファンド

eMAXISシリーズの基本4資産(国内外株式&債券)が業界最低水準まで信託報酬を引き下げるという報道があり注目されていましたが、「eMAXIS Slimシリーズ」として2月27日に新規設定されるファンドでの登場とプレスリリースがありました。 参考  インデックスファンド『eMAXISシリーズ』に、業界最低水準の運用コストをめざす新たな仲間、『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』を追加|三菱UFJ国際投信...


今回の野村DC投信のように、残高が多くなったことで信託報酬の引き下げを行い投資家に還元するのが真っ当です。Smart-iインデックスはその点を評価しています。

Smart-iインデックスシリーズ3本の運用管理費用を引き下げ!最安値を自ら更新する本気ファンドも!

りそなアセットマネジメントが運用するSmart-iインデックスシリーズの3ファンドが業界最安値となる運用管理費用(信託報酬)の引き下げを発表しました!Smart-iシリーズはネット証券ではライバル他社とのコスト競争が激しいのですが、りそなグループのiDeCoではSmart-iシリーズが揃っていますので、そういう方面での営業面で力を発揮するのではないでしょうか?Smart-iインデックスファンドシリーズの3ファンドを対象とし...


スポンサーリンク

関連コンテンツ