蓄積 累積 積立 アイデア

「生活の範囲内で投資するのか」「投資の範囲内で生活するのか」まだ投資の勉強も始めていない人にとっては知らないだけに大きな関心事でしょう。

投資をするにば種銭(投資資金)が必要です。

そのお金をどのように工面してくるのか?
初心に帰って見つめ直してみます。
まず、宝くじが当たるような幸運がない限り、ほとんどの人にとって何もない状態なので大きな投資資金を手にしていることはありません。

基本的に収入の中から投資信託やETFを積立で購入するようなカタチになります。
毎月毎月…自分の投資のできる範囲内からフルインベストメント(全力で投資)となるわけです。

よく自分のブログ記事でも一括VS分散という経過観察を書いてきていますが、ここでの一括とはいまある状態から数百万円というように投資可能な余力資金があって、その大きな投資資金を一括で投資するのか複数回に分散して投資していくのかの話です。

つまりスタート地点の話です。

給与などの収入がある現役世代にとっては、貯金など「いまあるお金」の使い方ではなく給与収入など「スタートしたあとのお金」の割り振り方が重要です。

積立投資を続けたい場合におすすめしたいのが、積立投資や生活に必要な資金は先に決めて分けてしまうことです。

投資は余剰資金でという話になりがちですが、生活で余ったお金と勘違いしてはいつまで経っても投資をできる日は来ません。

積立投資として継続して積立したい金額を先(給料日)に抜いてしまうのです。

必要なお金を先に出してしまい、残ったお金で生活をする。

最初は「足りないなぁ~」と感じてしまう日が続いてしまうかも知れませんが、人間はそれが続くと慣れてしまうもので3ヶ月もすれば普通に過ごせますし慣れた範囲内で贅沢をする余裕すら生まれます。

そして知らぬ間に給与口座などから自動的に引き落とされていく積立投資した資産は、毎月いくら積立していくかで達成していくスピードに違いこそありますが、数万円から数十万円、数十万円から数百万円とコツコツ増えていきます。

「生活の範囲内で投資するのか」「投資の範囲内で生活するのか」で考えると、自分は圧倒的に後者を実践しています。

生活防衛資金はけっこう使ってるので常に積立状態です

生活防衛資金の我が家の考え方を紹介します。生活防衛資金とはリストラで失業したり、ケガや病気で入院した場合のように、普段の生活にはない急な支出にたいしての生活費のことです。家族構成や必要と考えている金額など、生活防衛資金については10人いれば10人の解釈がありますので、我が家の現時点における生活防衛資金のことを書いていきます。WATANKOさんの記事生活防衛資金で守るのは家族の生活ですか?それとも投資の元本で...


積立資金と同時進行で何かあったときの備えである「生活防衛資金」も増えていけば、お金で学ぶべきことの大半は修了しています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ