動画 パソコン 学習 子ども

最近はブログを書いているChromebookが子どもに占拠されている状態が続いています。

理由は新型コロナウイルスによる休校の延期で毎晩、スタディサプリを利用して勉強しているからなので仕方がありません。

我が家のように最近はネットを活用した勉強が増えているようで、スタディサプリではテキスト(問題集)の注文が増えすぎて、小中講座の販売を一時停止するとのメールが届いたほどです。

さて4月になり新年度となって学年が上がった子を抱える当ブログを見てくれる人もいることでしょうから、もしスタディサプリを利用し始めたばかりの人がいれば、今やっておいたほうがいいことを書いておきます。
それは教科書の出版社をチェックすること!
そして5教科の目次をスマホのカメラで撮っておくことです。

我が家では、今年の1月頃からスタディサプリを登録して利用し始めたのですが、スタディサプリは学校の授業と連動した動画の講座が多い。

国語・数学・英語の3教科は教科書の出版社を登録すれば、教科書の内容にそった動画が多数あります。

今の時期、登校日をむかえて教科書を家に持ち帰った家庭も多いでしょうから国語・数学・英語の3教科の出版社(光村図書や東京書籍など)を調べてスタディサプリに登録しましょう。

そして目次を撮影する理由は、中学校になると小学校と違い、教科書を学校に置いてくるケースが多いので目次を画像保存しておかないと、今日現在に自分がどこのページを勉強しているのかわからない場合が多いからです。

ちなみに自分の場合は、撮った目次画像を毎回、写真のギャラリーから探すのは大変なので、メモアプリのGooglekeepに「3年生の教科書目次」のようにタイトルをつけて記録しています。

それと保護者も自分の息子(娘)がどのあたりを勉強しているのを知ることは、定期テストのザックリした範囲を早い時期時に把握できるので重要です。

すでに授業ではとっくに過ぎ去った場所を一生懸命勉強していることは、受験まで考えたら無駄ではないかもしれませんが、直近の目標(テストで良い点をとる)を考えれば、やるべきテキストや観るべき講義動画は他にあるはずですからね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ