距離 ソーシャルディスタンス 間隔

新型コロナウイルスによる世界的な影響から「ステイホーム」や「ソーシャルディスタンス」など流行語大賞を狙っているかのようなキャッチフレーズがいくつも誕生しています。

最近の乱高下する株価に対してディスタンス(距離・道のり・間隔)は投資の世界でも重要です。

Investment distance(投資の距離)とは


そもそも投資の距離とは何なのか?
ちなみにどこかで使われているかもしれませんがインベストメント・ディスタンスは自分の脳内で作った造語です。

株価や世界経済の動向を気にしてしまうことにより、生活に支障をきたす場合はInvestment distance(投資の距離)が近すぎると言えます。

この場合はリスク資産の中でもハイリスクな株式に集中していることが考えられます。

他にも投資に対してなれていない場合、特に株価が急落した場面で株式を保有していることが怖くなって経済ニュースを祈るように見てしまう場面も。

自分が実践している投資との距離感


どうすれば投資との距離感をうまく保てるのか?

株式でも個別株のように1社1社を保有するのではなく、株式市場全体・・・まるごと投資してしまうほどの分散投資をすることによって個別株投資でよくある不祥事からの赤字や無配当や倒産というような深手となる致命傷は避けられます。

他にも株式資産だけではなく、債券など比較的リスクの低いアセットクラスとの分散であったり、日本国内だけではなく海外株式や海外債券といった地域を限定しない世界全体への分散もリスクを下げる効果があります。

いまは新型コロナウイルスが世界的に影響を与えていて、国際分散投資ですら意味を持たないようなイメージを持つかもしれませんが、どこか1ヶ国に集中するリスクよりも世界全体に分散したほうが精神衛生上、株価やニュースを気にならなくなるものです。(体験談)

投資タイミングの上手い人を真似て失敗するよりも大事なこと


もちろん投資上級者だったら、今回の株価の乱高下を活用して大きく下ブレした瞬間を狙ってプラスアルファの投資収益を狙った人もいることでしょうし、成功している人もいることでしょう。

ただ、投資が上手い人の手法を真似てやけどを負うより、投資の初中級者なら、こんな時期でも投資資金の撤退や信用取引の失敗などから退場することなく生存していることのほうが長期的な運用を考えたら、よっぽど意味があることだと思います。

生活が困窮するくらいならためらわず現金にするべき


これとは違う意味で、日常生活が困窮していて生活必需品を購入する資金が枯渇している場合だったら、なにも気にすることなく躊躇なく投資信託を売却して生活費として資金はおろすべきです。

長期投資の積立資金だとか、毎月の積立の成果を見るのが楽しみだったとか言ってる場合ではありません。一番大事なのは生活をしていくことですから、生活が苦しいのに証券口座から資金をおろすことをためらうこともInvestment distance(投資の距離)が近すぎます。

その場合は「これからはもう少し生活防衛資金が多いほうがいいよね」「生活が元通りになったら現金もある程度もっておこう」などの学びがあったと言うだけです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ