シフトチェンジ 変更

SBI証券から、2016年に投資したNISA枠をどうするのかのメールが届きました。

2021年のNISA枠にロールオーバーするのか、課税預り(特定口座や一般口座)へ移管するのか、いっそ売却して現金化したり違う投資信託に買い替えてしまうのか・・・いろいろ選択肢はあります。

どれを選んでも正解も間違いもないのですが、2016年のNISA枠はロールオーバーしないで課税預りへ移管することにしました。
ちなみに2016年にSBI証券のNISA口座で積立投資してきたファンドは「<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)」です。

SBI証券でNISA口座での投信積立を開始しました

昨年からNISA口座をマネックス証券からSBI証券に変更する手続きをしていたのですが、無事にSBI証券で投信積立を開始することができました...


「つみたてNISA口座」で積立投資してきたのではなく、2014年1月から開始した「一般NISA口座」で積立投資していました。

現在は「つみたてNISA」で「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」を積立投資しているので、投資しているファンドの集約化をしてもいいのですが、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)」に不満があるわけでもないので継続して特定口座で保有していくことにします。

それとロールーオーバーしないで課税預かりにした理由に、当時の「一般NISA」から現在は「つみたてNISA」に変更したこともあるのですが、「SBI証券」から「楽天証券」に変更したことも大きな理由です。

2016年の非課税口座(NISA・つみたてNISA等)を2021年にロールオーバーするには、現在の楽天証券からSBI証券に非課税口座移管の手続きをする必要があります。

つみたてNISAの開設手続き(他社への移管)が完了しました

2019年から楽天証券で「つみたてNISA」をクレジットカード決済による積立投資をしていこうと考えているので、現在積立投資しているSBI証券を2018年いっぱいで積立を停止して「つみたてNISA」を楽天証券へ移管する必要があります。(ここまでの流れ) 参考  つみたてNISAの移管手続 まずはコールセンターに移管の連絡(2018/10/12) 参考  つみたてNISAの移管手続 非課税口座開設届出書を楽天証券に提出!(201...


そういう手続きは思い出しただけでも面倒くさいので、SBI証券のファンドは売却して現金化するまで動かさない予定です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ