Screenshot 2022-03-31 22.20.07

2022年3月末時点のアセットアロケーションと積立ファンドを計算してみました。

各ネット証券の評価額をもとに、アウターガイさんのアセットツールを活用して作成しています。
アセットアロケーション円グラフメーカー
時間加重収益率計算機 

2021年12月末から3月末の3ヶ月間は+1.58%となりました。
年初からの3月末の3ヶ月間は同じく+1.58%となります。
data (6)

現在の積立ファンドといままで積立してきたファンド


[現在 積立&保有中]
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) [つみたてNISA]
DCニッセイ外国株式インデックス [iDeCo口座]
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型) [ポイント投資(特定口座)]

[過去 積立停止で保有中]
ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型) [NISA口座・特定口座]
世界経済インデックスファンド [特定口座]

ロシアのウクライナ侵攻でも投資手法に変化はなし


バランスファンドによる積立投資なので大きな変化はありません(笑)

この3ヶ月間で大きな出来事といえばロシアのウクライナ侵攻です。
インデックス投資界隈でもMSCIやFTSEが主要な株式指数からロシアを除外するなど、連日ウクライナ情勢についてニュースが飛び交っています。

自分のポートフォリオの中のロシアが大きくない存在でした。ロシア株式の個別株やETF、投資信託などを持っていたら今回のウクライナ侵攻からの株価急落・取引停止などの展開について行ける気がしません。

国や地域の分散投資の重要さを再認識します。

「世界経済インデックスファンド」については、国内外の株式や債券の6アセットクラスに投資するバランスファンドとなっています。
GDP比率に応じて比率が変更されていきますが、今回の計算では国内株式&債券(5%)、先進国株式&債券(30%)、新興国株式&債券(15%)で求めています。

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」は各アセットクラスを1/8で計算。
「ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)」は各アセットクラスを1/4で計算。
「eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型) 」は各アセットクラスを1/3で計算。

今後もズボラに寝かせて「ほったらかし投資」を継続していく予定です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ