都内を仕事で走っているとすぐにわかることだが
交通安全とは必ずとも交通ルールを守る場合だけではない。
たとえば街の流れが時速60㎞のところを
自分だけルールに従い50㎞だとしたら
自分は周りから「変わり者」に思われても仕方がない。
自分が正しいとしても世の中はそんなものである。
さて株式投資ではどうかと言えば当然ながら逆であろう
「変わり者」だけが生き残れる道だと思う。
もし制限速度60㎞の有料道路をみんなが100㎞で渡るのなら
自分は路肩に停車して観察している方がいい。
いずれ料金所あたりで渋滞が始まるかもしれないし
スピードを出しすぎた何人かは衝突事故を起こす可能性もある。
眺めているだけなら巻き込まれることはないでしょう。
危ない運転をしている人は事故を起こしてみないと
自分が危ない運転をしている事実に気付かないのだ。

スポンサーリンク

関連コンテンツ