売り上げには「売上、営業利益、経常利益、税引き後利益」なんてあります。
まぁそれぞれ意味があって会計で処理されて売上から費用が重なって
当期利益に繋がっていくわけです。
世界的に一般的かといえば経常利益って存在は特殊で日本的なモノです。
経常利益は簡単に言えば売上から人件費などの必要な費用を引いた
営業利益に本業以外の利益や費用を足し引いたモノが経常利益になります。
日本ならではだから取り扱いにけっこうみんな悩まされるケースもあります。
たとえば株価経常利益率を表すときにある人はPORと名称付けたり
またある人はPCRと名乗る(プライス カレントアセット レシオ)。
さらに総資産経常利益率をROAと書かれていたこともあった。
そのときにROEよりもROAの方が高く不自然だったので
疑問に思って聞いてみたら稲虎さんからの答えが
「ROA = 経常利益 ÷ 総資産
として、現状では計算しています。」
であった。
けっこうクセモノな経常利益…
実は読み方ですら「ケイジョウ」と「ケイツネ」で分かれる。
ケイジョウリエキを読むと経常利益と計上利益の違いが判らんから
経営者や会計の人の中には「ケイツネ」と呼ぶ人も多い
国外の投資家には経常利益がよく理解できないが
国内の投資家は営業利益の意味合いが今後、薄れていくかもしれない。
だってEDINETで決算書を見ると営業利益がないのだから

FC2 Blog Ranking

スポンサーリンク

関連コンテンツ

カテゴリ
タグ