自動車はだいたい数年のサイクルでフルモデルチェンジをします。
その間にも新色の追加など細かい部分でのマイナーチェンジも行うのです。
まぁ理由は簡単に理解できると思いますが客側が飽きないためですな。
他にも排ガス規制みたいに自動車界は進化を宿命付けられた分野かもしれませんが
新しいモデルになれば購買意欲も出ると言うモノです。
さて新車が発表されてしばらくすると結構、リコールの記事を新聞で見ます。
「メーカーは何をやっているんだ!」と突っ込みたくなる気持ちもありますが
隠さず発表するのは誠実でもあるし良いことだと思います。
…で話は終わるところですが、結論はこっちで
「新しいモノは何かと不具合が出る可能性は相当高い」って事です。
技術も歴史も長い優良自動車メーカーでさえ新しいことには欠陥もあるのです。
よく事業内容さえ理解できない新規公開銘柄なんて
なにが起こるのかなんて誰にもわからないってこと。
しばらく相場を見てから参加する方が賢明に感じます。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

カテゴリ
タグ