この本では別に長期投資の理論的な有効性や
株式投資を行ううえでの投資手法などと言った類の話は皆無です。
そして現在、投資を既に実践している人にはもはや必要のない一冊であり
本書は投資に興味がある投資未経験者向けに書かれた内容である。
そして読んでみると投資をすると将来はバラ色の未来が約束でもされているかの様です。
これは少々危険な気がします。そんなに長期投資は素人が思うほど甘くはないぞと
気になったのは著者の澤上さんとはファンド界ではご存知「さわかみ投信」の代表者なのだが
この一冊を通して自分のファンドを薦めてはいない。
それは構わないが投資をするのなら良質なファンドオブファンドへ投資をするべきと言った内容なのである。
自分が代表を勤める「さわかみ投信」は株式のアクティブファンドであるにもかかわらずに
そんな漠然と思っていたけれどバンガードグループとさわかみ投信が手を組んで「セゾン投信」の販売をするようです。
つまりは自分たちが販売するFOF「セゾン投信」の布石と言える一冊なのでしょう。





FC2 Blog Ranking

スポンサーリンク

関連コンテンツ

タグ