ほったらかし投資のまにまに

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

プロフィール

熊画像Author:とよぴ~(プロフィール詳細
妻と2人の子どもの賑やかな4人家族です。
証券外務員の資格を持っていますが、仕事は関係ない物流関係。
バランスファンドによるコツコツ投資という、もっとも投資から距離をおいた投資スタイルでプライベートを充実♪
しかし!記事更新が楽しく、ブログ書くためにバランスファンドにした疑惑も浮上中(;´∀`)

スポンサーリンク

記事一覧

  • 2019/03/19売買記録

    年末年始で大量消費してポイント獲得が多くなっていましたがさすがに落ち着いてきました…と思ったら今月は2453ポイントを獲得していました。楽天証券のポイント投資日記 2019年2月(6回目)前回記事では年末クリスマスをはじめとした過去最大の出費による2744ポイント獲得がありましたが、2019年1月も散財が続き終わってみれば3057ポイント獲得と過去最大だった先月を超えてしまいました(笑)楽天証券のポイント投資日記 2019年1...

    記事を読む

  • 2019/03/18業種別ETF

    先月のTOPIXは+4.9%と下落してから戻してきた局面となりましたが今回のTOPIXも+2.6%と続伸しています。続伸しているとは言え業種的には±1%の範囲内が多いので今後の動きに向けて一段落といったところでしょう。業種別ETFのリターン・標準偏差ランキング(2019年1月)東京証券取引所に上場している業種別ETFであるTOPIX-17【1617~1633】(野村アセットマネジメントのNEXT FUNDS)と、基準となるTOPIX【1306】の18本のETFを比較して...

    記事を読む

  • 2019/03/16販売会社ニュース

    カブドットコム証券の投資信託が2019年3月10日発注分から、従来の500円から100円に最低買付単位を変更して購入できるようになりました。 参考  投資信託が100円から購入できるようになりました! |カブドットコム証券...

    記事を読む

  • 2019/03/14投資信託ニュース

    三井住友アセットマネジメント株式会社と大和住銀投信投資顧問株式会社は合併して2019年4月1日から「三井住友DS アセットマネジメント株式会社」になります。両社のホームページでは確認できていませんが、楽天証券のお知らせと日本経済新聞でも1月に取り上げられていました。 参考  三井住友アセットマネジメントと大和住銀投信投資顧問の合併のお知らせ|楽天証券 参考  三井住友DSアセット社長に松下氏|日...

    記事を読む

  • 2019/03/13投資信託ニュース

    バンガードETFおよび米国籍投資信託の経費率改定(2019年版)のお知らせと、経費率改定にともない「楽天・バンガード・ファンド」の保有コストである運用管理費用引き下げのお知らせが続けて届いています。バンガードマニアにとってETFの経費率改定は、この時期の恒例行事になっていますね(^^) 参考  2019年バンガードETFおよび米国籍投資信託の経費率改定のお知らせ 参考  「楽天・バンガード・ファンド」シ...

    記事を読む

  • 2019/03/12投資信託ニュース

    三井住友・バンガード海外株式ファンドの信託報酬が2019年1月28日から引き下げられています。引き下げ理由は投資対象であるバンガードファンドのシェアクラス変更により信託報酬率が下がったとのこと。マネックス証券のお知らせで知りました。信託報酬引下げ 三井住友・バンガード海外株式ファンドinfo.monex.co.jp...

    記事を読む

  • 2019/03/11ブログ運営その他

    Amazon. co. jp にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認というタイトルのメールがやってきました。残念ながら、Аmazon のアカウントを更新できませんでした。今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。Amazon. co. jp にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認より引用…とのこと。フォ、フォ、フ...

    記事を読む

  • 2019/03/08投信ランキング

    2019年2月におけるSBI証券・楽天証券・マネックス証券・カブドットコム証券のランキング「売れ筋(購入金額)」「積立(設定件数)」「iDeCo(購入金額)」が出揃いました。SBI証券のiDeCoではセレクトプランが開始されたのですが、民族大移動が起こったかのようにオリジナルプランもセレクトプランもランキング順位がおかしな事になっています。ネット証券の投資信託ランキング(2019年1月)2019年1月におけるSBI証券・楽天証券・...

    記事を読む

  • 2019/03/07一括VS分散

    2019年2月における一括投資VS分散投資 8資産均等型バランスファンドの1年比較です。最近は年末にかけて大きく下がった展開だったので、一括投資よりも分散投資の1年リターンのほうが好調な時期が続いていましたが、1月2月と戻してきたので先進国株式インデックスファンドでは一括のリターンのほうが好調という平常運転になりました。8資産均等型バランスファンドの1年比較ではどのような結果になったのか注目です。毎月一定金額を...

    記事を読む

  • 2019/03/06一括VS分散

    2019年2月における一括投資VS分散投資 先進国株式インデックスの1年比較です。1月に引き続き2月もほとんどのアセットクラスが堅調でした。各アセットクラスのパフォーマンス2019年2月2019年2月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。年末あたりから月代わりでアップダウンを繰り返していましたが、先月に引き続き2019年2月も下落局面もなく安定して上昇しました。もちろん。これで今後も安泰というわけではありません。リスク...

    記事を読む

楽天証券のポイント投資日記 2019年3月(7回目)

ポイントカード 電子マネー

年末年始で大量消費してポイント獲得が多くなっていましたがさすがに落ち着いてきました…と思ったら今月は2453ポイントを獲得していました。

楽天証券のポイント投資日記 2019年2月(6回目)

前回記事では年末クリスマスをはじめとした過去最大の出費による2744ポイント獲得がありましたが、2019年1月も散財が続き終わってみれば3057ポイント獲得と過去最大だった先月を超えてしまいました(笑)楽天証券のポイント投資日記 2019年1月(5回目)先月は結婚記念日やクリスマスなどでの出費が重なり、ポイント投資の記録をはじめてからの最高となる2744ポイントとなりました。おそらく1年で1番ポイント貯まりやすい月だったの...


意外に支払い金額と獲得ポイントが多いなぁ~と思っていたら先月から「つみたてNISA」のクレジットカード決済が開始されていて引き落としが先月から始まっていたのです。

2019年の楽天証券によるクレジットカード決済のつみたてNISA設定を完了させました

昨年末に2019年分のつみたてNISAの設定をしたのですが、楽天カードによるクレジットカード決済の引き落とし日の都合上、2月から引き落とし開始となっていました。現金で1月分を投資しようとしたら投資枠が40万円のうち4円しかないという状況になっていたので楽天証券にどうやって40万円の投資枠を使いきれるか問い合わせていたのですが、年が明けてようやく楽天証券から回答が来ました。...


うーん。。。
キチンと引き落としされている利用明細を確認しないといけませんね。

このカテゴリは日々の生活で獲得した楽天スーパーポイントを活用して、楽天証券の投資信託を購入していく記録になります。

おまけにポイント投資をすることによってSPU+1倍をゲットする欲張り企画です。

» 記事の続きを読む

業種別ETFのリターン・標準偏差ランキング(2019年2月)

東証 東京証券取引所 マーケット 市場

先月のTOPIXは+4.9%と下落してから戻してきた局面となりましたが今回のTOPIXも+2.6%と続伸しています。
続伸しているとは言え業種的には±1%の範囲内が多いので今後の動きに向けて一段落といったところでしょう。

業種別ETFのリターン・標準偏差ランキング(2019年1月)

東京証券取引所に上場している業種別ETFであるTOPIX-17【1617~1633】(野村アセットマネジメントのNEXT FUNDS)と、基準となるTOPIX【1306】の18本のETFを比較してみました。先月のTOPIXは-10.3%と大きく下落して2018年を終了しましたが、年が明けて1月のTOPIXは+4.9%と戻しています。毎月TOPIXを始めとした海外の株式(円建て)が上がったり下がったりと、方向性のない変動が続いています。東証のETFではマーケットメイク制度が...


東京証券取引所に上場している業種別ETFであるTOPIX-17【1617~1633】(野村アセットマネジメントのNEXT FUNDS)と、基準となるTOPIX【1306】の18本のETFを比較してみました。

東証のETFではマーケットメイク制度がはじまり、流動性が向上したので業種別ETFのような「つまみ食い」投資の使い勝手もよくなっています。

» 記事の続きを読む

カブドットコム証券の投資信託が100円から購入できるようになりました

100円 ワンコイン 少額

カブドットコム証券の投資信託が2019年3月10日発注分から、従来の500円から100円に最低買付単位を変更して購入できるようになりました。

 参考  投資信託が100円から購入できるようになりました! |カブドットコム証券

» 記事の続きを読む

三井住友アセットマネジメントと大和住銀投信投資顧問が合併して三井住友DSアセットマネジメントが誕生!

合併 ビジネスマン 地球儀

三井住友アセットマネジメント株式会社と大和住銀投信投資顧問株式会社は合併して2019年4月1日から「三井住友DS アセットマネジメント株式会社」になります。

両社のホームページでは確認できていませんが、楽天証券のお知らせと日本経済新聞でも1月に取り上げられていました。

 参考  三井住友アセットマネジメントと大和住銀投信投資顧問の合併のお知らせ|楽天証券
 参考  三井住友DSアセット社長に松下氏|日本経済新聞

» 記事の続きを読む

バンガードETFおよび米国籍投資信託および楽天・バンガード・ファンドの保有コスト引き下げのお知らせ

お知らせ NEWS プレスリリース

バンガードETFおよび米国籍投資信託の経費率改定(2019年版)のお知らせと、経費率改定にともない「楽天・バンガード・ファンド」の保有コストである運用管理費用引き下げのお知らせが続けて届いています。

バンガードマニアにとってETFの経費率改定は、この時期の恒例行事になっていますね(^^)

 参考  2019年バンガードETFおよび米国籍投資信託の経費率改定のお知らせ
 参考  「楽天・バンガード・ファンド」シリーズの実質的にご負担いただく運用管理費用の引き下げのお知らせ

» 記事の続きを読む

三井住友・バンガード海外株式ファンドの信託報酬引き下げ

プライスダウン 値下げ 引き下げ 費用

三井住友・バンガード海外株式ファンドの信託報酬が2019年1月28日から引き下げられています。

引き下げ理由は投資対象であるバンガードファンドのシェアクラス変更により信託報酬率が下がったとのこと。

マネックス証券のお知らせで知りました。

» 記事の続きを読む

Amazonは登録アカウント情報の開示を求めることはありません!詐欺メールにご注意を。

詐欺 悪人 被害

Amazon. co. jp にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認というタイトルのメールがやってきました。

残念ながら、Аmazon のアカウントを更新できませんでした。

今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。

Amazon. co. jp にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認より引用


…とのこと。

フォ、フォ、
フォォォォォォォ~~~~~~!!!!!!!


ナンテコッタイ/(^o^)\

それにしても半月前くらいにAmazoneプライム(アマゾネとは!?)の有効期限切れを知らせてきたと思ったら、今度はAmazonのアカウントを更新できませんとは酷い話ですね\(^o^)/

Amazonプライム会員はクレジットカード更新を促す詐欺メールにご注意を!

メールをチェックしたら『[緊急の通知] Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています!』というタイトルのメールがやってきました!フォ、フォ、フォォォォォォォ~~~~~~!!!!!!!参考 いつか子供に伝えたいお金の話より引用ナンテコッタイ/(^o^)\それにしても楽天経済圏で過ごしている自分にAmazoneプライム(アマゾネってなんだよ!?)の有効期限切れを知らせしてくるとは酷い話で...

» 記事の続きを読む

ネット証券の投資信託ランキング(2019年2月)

ランキング メダル 金銀銅

2019年2月におけるSBI証券・楽天証券・マネックス証券・カブドットコム証券のランキング「売れ筋(購入金額)」「積立(設定件数)」「iDeCo(購入金額)」が出揃いました。

SBI証券のiDeCoではセレクトプランが開始されたのですが、民族大移動が起こったかのようにオリジナルプランもセレクトプランもランキング順位がおかしな事になっています。

ネット証券の投資信託ランキング(2019年1月)

2019年1月におけるSBI証券・楽天証券・マネックス証券・カブドットコム証券のランキング「売れ筋(購入金額)」「積立(設定件数)」「iDeCo(購入金額)」が出揃いました。SBI証券のiDeCoでは、いよいよセレクトプランの移管を申し込んだ人達の移管完了報告が相次いで聞くようになってきたので、次回以降からのセレクトプランのランキングがキチンと表示される予定です。今回注目は「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)...


前回SBI証券の積立ランキングで1位となった「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」が、継続的に購入されているのか注目です。

ネット証券の投信ランキング充実度を比較してみました

SBI証券・楽天証券・マネックス証券・カブドットコム証券のネット証券4社について書いていますが、各社の取扱い投資信託の種類や画面の見やすさなどは当たり前ですが違うものです。今回は投信ランキングの充実度を比較してみました。平等になるように...

» 記事の続きを読む

一括投資VS分散投資 8資産均等型バランスファンドの1年比較(2019年2月)

論争 夫婦 言い争い 戦争

2019年2月における一括投資VS分散投資 8資産均等型バランスファンドの1年比較です。

最近は年末にかけて大きく下がった展開だったので、一括投資よりも分散投資の1年リターンのほうが好調な時期が続いていましたが、1月2月と戻してきたので先進国株式インデックスファンドでは一括のリターンのほうが好調という平常運転になりました。

8資産均等型バランスファンドの1年比較ではどのような結果になったのか注目です。

毎月一定金額を積み立てるような分散投資(ドルコスト平均法)は、まとまった資金を一括投資する場合と比べて『有利でも不利でもない』・『気休め程度に過ぎない』など言われています。

実際に有利でも不利でもないのならば分散投資の勝率は長期的には五分五分くらいあるはずなので、資産運用において主要とされる先進国株式インデックスファンドと8資産を均等配分しているバランスファンドの基準価額をもって確認していくことにしました。

毎月確認していく企画で、長期的に何勝何敗になるのかチェックしていきます。

» 記事の続きを読む

一括投資VS分散投資 先進国株式インデックスの1年比較(2019年2月)

論争 夫婦 言い争い 戦争

2019年2月における一括投資VS分散投資 先進国株式インデックスの1年比較です。

1月に引き続き2月もほとんどのアセットクラスが堅調でした。

各アセットクラスのパフォーマンス2019年2月

2019年2月の各アセットクラス別のパフォーマンスです。年末あたりから月代わりでアップダウンを繰り返していましたが、先月に引き続き2019年2月も下落局面もなく安定して上昇しました。もちろん。これで今後も安泰というわけではありません。リスク資産に投資している限りは上にも下にもブレるもので、こればかりは未来永劫続いていきます。株価が動いても自分のメンタルが安定する程度に、債券やキャッシュ等との分散投資でリスク...


最近は、年末にかけて大きく下がった展開だったので、一括投資よりも分散投資の1年リターンのほうが好調な時期が続いていましたが、1月2月と戻してきたので今回の比較がどのようになったのか(個人的に)注目していました。

毎月一定金額を積み立てるような分散投資(ドルコスト平均法)は、まとまった資金を一括投資する場合と比べて『有利でも不利でもない』・『気休め程度に過ぎない』など言われています。

実際に有利でも不利でもないのならば分散投資の勝率は長期的には五分五分くらいあるはずなので、資産運用において主要とされる先進国株式インデックスファンドと8資産を均等配分しているバランスファンドの基準価額をもって確認していくことにしました。

毎月確認していく企画で、長期的に何勝何敗になるのかチェックしていきます。

» 記事の続きを読む

Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます