ほったらかし投資のまにまに

ほったらかし投資のまにまに

個人型確定拠出年金・特定口座・NISAでコツコツ積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ

プロフィール

熊画像Author:とよぴ~(プロフィール詳細
妻と2人の子どもの賑やかな4人家族です。
証券外務員の資格を持っていますが、仕事は関係ない物流関係。
バランスファンドによるコツコツ投資という、もっとも投資から距離をおいた投資スタイルでプライベートを充実♪
しかし!記事更新が楽しく、ブログ書くためにバランスファンドにした疑惑も浮上中(;´∀`)

スポンサーリンク

記事一覧

  • 2019/02/16投資信託ニュース

    りそなアセットマネジメントが運用するSmart-i 国内債券インデックスの運用管理費用(信託報酬)が2019年3月26日から引き下げられることになりました!運用管理費用引き下げのお知らせ(Smart-i国内債券インデックス) |りそなアセットマネジメント(PDF)今回のSmart-i 国内債券インデックスの運用管理費用(信託報酬)引き下げ発表と同時に、Smart-iシリーズ6ファンドが岡三オンライン証券でも取扱い開始のお知らせ(PDF)も発表...

    記事を読む

  • 2019/02/15もの思いにふける

    コペルニクス的転回とは、見方や考え方が正反対に変わることのたとえ(Weblio 辞書)で使われるのですが、昔と現在では株式投資の世界でも環境や常識がかなり違う「コペルニクス的転回」が起こっているように感じます。...

    記事を読む

  • 2019/02/14販売会社ニュース

    ネット証券大手のカブドットコム証券がKDDIの出資を受けて、auカブコム証券と社名を変更されるようです。変更予定日は未定(2020年3月末までの協議の上で定めた日)とのこと。商号変更及び定款一部変更に関するお知らせ|カブドットコム証券KDDI、スマホ入り口に総合金融サービスKDDIが総合金融グループの展開に本腰を入れ始めた。12日にインターネット証券大手、カブドットコム証券への出資を正式に発表。併せて傘下に銀行から決...

    記事を読む

  • 2019/02/13要望・取材・メディア

    卓球プロリーグが地元で開催されたので、週末にTリーグを観戦してきた長男坊から楽しかった感想をいろいろ聞かされました。自分も本当は家族や近所の卓球好きな小学生を連れて参戦したかったのですが、チケット(自由席)が即日完売でゲットできなかったので卓球部繋がりで長男坊だけが観に行けて、自分は会場への送迎のみというおあずけ状態。せっかくなので来季以降のTリーグ改革案を自由気ままに書いていきます。Tリーグ関係者...

    記事を読む

  • 2019/02/12投信ランキング

    2019年1月におけるSBI証券・楽天証券・マネックス証券・カブドットコム証券のランキング「売れ筋(購入金額)」「積立(設定件数)」「iDeCo(購入金額)」が出揃いました。SBI証券のiDeCoでは、いよいよセレクトプランの移管を申し込んだ人達の移管完了報告が相次いで聞くようになってきたので、次回以降からのセレクトプランのランキングがキチンと表示される予定です。今回注目は「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)...

    記事を読む

  • 2019/02/11もの思いにふける

    Googleマップ「ナビ」機能を使って、とあるホテルに仕事で行きました。Googleマップ「ナビ」機能は、カー用品店で販売されている高額なカーナビゲーションを含めても、もっとも優秀だと思っているのですが珍しく問題が発生したのです。...

    記事を読む

  • 2019/02/10雑談

    先週の日曜日の夜から長男坊が咳をしていたので、月曜日に診てもらったら結果は見事にインフルエンザ!そのまま木曜日まで学校休みという、先週末からおおよそ1週間の連休に。。。話題になっていた「ゾフルーザ」を処方されて、月曜日の時点で熱も平熱になっていたのですが、水曜日、木曜日と家で過ごしていく日が続いていくと気持ちに変化があったようです。...

    記事を読む

  • 2019/02/08投資信託・ETF

    楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンドが2019年2月15日に新規設定されます。日本を含む全世界債券市場の動きに連動するインデックスファンドとなります。海外債券には為替リスクがつきものですが、「楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンド」は為替ヘッジするので値動きが国内債券インデックスファンドばりにマイルドになることが期待されます。『楽天・バンガード・ファンド』シリーズに新たに全世界...

    記事を読む

  • 2019/02/07投資信託ニュース

    野村アセットマネジメントが運用するDC(確定拠出年金)専用投資信託14本の運用管理費用(信託報酬)が引き下げられることになりました。外国株式こそ業界最安値には達していませんが、他のアセットクラスでは業界最安値という水準となっています。野村アセット、DC投信の信託報酬下げ野村アセットマネジメントは6月から7月にかけて確定拠出年金(DC)向け投資信託の信託報酬を引き下げる。下げ幅は最大0.1%で、国内株式型など一部...

    記事を読む

  • 2019/02/06一括VS分散

    毎月一定金額を積み立てるような分散投資(ドルコスト平均法)は、まとまった資金を一括投資する場合と比べて『有利でも不利でもない』・『気休め程度に過ぎない』など言われています。実際に有利でも不利でもないのならば分散投資の勝率は長期的には五分五分くらいあるはずなので、資産運用において主要とされる先進国株式インデックスファンドと8資産を均等配分しているバランスファンドの基準価額をもって確認していくことにし...

    記事を読む

Smart-i 国内債券インデックスの運用管理費用(信託報酬)が0.140%→0.120%に引き下げ

プライスダウン 値下げ 引き下げ 費用

りそなアセットマネジメントが運用するSmart-i 国内債券インデックスの運用管理費用(信託報酬)が2019年3月26日から引き下げられることになりました!

運用管理費用引き下げのお知らせ(Smart-i国内債券インデックス) |りそなアセットマネジメント(PDF)

今回のSmart-i 国内債券インデックスの運用管理費用(信託報酬)引き下げ発表と同時に、Smart-iシリーズ6ファンドが岡三オンライン証券でも取扱い開始のお知らせ(PDF)も発表されています。

爆発的な純資産総額の増え方こそありませんが、手堅く少しずつSmart-iシリーズが拡大していく印象があります。

» 記事の続きを読む

関連記事

コペルニクス的転回が株式投資でも起こっている

色鉛筆 電球 アイデア 発想

コペルニクス的転回とは、見方や考え方が正反対に変わることのたとえ(Weblio 辞書)で使われるのですが、昔と現在では株式投資の世界でも環境や常識がかなり違う「コペルニクス的転回」が起こっているように感じます。

» 記事の続きを読む

関連記事

カブドットコム証券がauカブコム証券へ ネット証券の勢力図は変わるのか

スマホで動画 YouTube

ネット証券大手のカブドットコム証券がKDDIの出資を受けて、auカブコム証券と社名を変更されるようです。

変更予定日は未定(2020年3月末までの協議の上で定めた日)とのこと。

商号変更及び定款一部変更に関するお知らせ|カブドットコム証券

KDDI、スマホ入り口に総合金融サービス

KDDIが総合金融グループの展開に本腰を入れ始めた。12日にインターネット証券大手、カブドットコム証券への出資を正式に発表。併せて傘下に銀行から決済、保険、資産運用まで束ねる包括的な金融持ち株会社の

» 記事の続きを読む

関連記事

卓球Tリーグ改革案を自由気ままに書いてみた

卓球 ラケット シェークハンド 卓球台

卓球プロリーグが地元で開催されたので、週末にTリーグを観戦してきた長男坊から楽しかった感想をいろいろ聞かされました。

自分も本当は家族や近所の卓球好きな小学生を連れて参戦したかったのですが、チケット(自由席)が即日完売でゲットできなかったので卓球部繋がりで長男坊だけが観に行けて、自分は会場への送迎のみというおあずけ状態。

せっかくなので来季以降のTリーグ改革案を自由気ままに書いていきます。
Tリーグ関係者に届くと良いな♪

※今回は投資ネタではありません。

» 記事の続きを読む

関連記事

ネット証券の投資信託ランキング(2019年1月)

ランキング メダル 金銀銅

2019年1月におけるSBI証券・楽天証券・マネックス証券・カブドットコム証券のランキング「売れ筋(購入金額)」「積立(設定件数)」「iDeCo(購入金額)」が出揃いました。

SBI証券のiDeCoでは、いよいよセレクトプランの移管を申し込んだ人達の移管完了報告が相次いで聞くようになってきたので、次回以降からのセレクトプランのランキングがキチンと表示される予定です。

今回注目は「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」がSBI証券の積立ランキングでついに1位を獲得したこと!

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」では設定されて間もないのに3位に入った期待度の非常に高い投資信託ですので、今回の積立ランキング1位は今後の運用の安定へ大きなチカラとなることでしょう。

良い投資信託と売れる投資信託は必ずしも一致しないことがあるのですが、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」については個人投資家からの支持を受けていることもありますし安心といったところでしょうか。

SBI証券の積立ランキングでは上位10本のうち7本がeMAXIS Slimシリーズという結果。全世界株式の3本が揃い踏みしているのは「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」効果なのでしょうか?今月限りかもしれませんが、積立ランキングはその性質上あまり変動がない部門なので今後どうなっていくのか興味があります。

ネット証券の投信ランキング充実度を比較してみました

SBI証券・楽天証券・マネックス証券・カブドットコム証券のネット証券4社について書いていますが、各社の取扱い投資信託の種類や画面の見やすさなどは当たり前ですが違うものです。今回は投信ランキングの充実度を比較してみました。平等になるように...

» 記事の続きを読む

関連記事

AIはうまく利用して足りないものを互いに補うのが正解

ドライブ 運転 車

Googleマップ「ナビ」機能を使って、とあるホテルに仕事で行きました。

Googleマップ「ナビ」機能は、カー用品店で販売されている高額なカーナビゲーションを含めても、もっとも優秀だと思っているのですが珍しく問題が発生したのです。

» 記事の続きを読む

関連記事

インフルエンザで1週間くらい学校を休んだ結果

自由 休日 休み 青空

先週の日曜日の夜から長男坊が咳をしていたので、月曜日に診てもらったら結果は見事にインフルエンザ!

そのまま木曜日まで学校休みという、先週末からおおよそ1週間の連休に。。。

話題になっていた「ゾフルーザ」を処方されて、月曜日の時点で熱も平熱になっていたのですが、水曜日、木曜日と家で過ごしていく日が続いていくと気持ちに変化があったようです。

» 記事の続きを読む

関連記事

楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンドが2019年2月15日に新規設定

お金 マネー 資金

楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンドが2019年2月15日に新規設定されます。

日本を含む全世界債券市場の動きに連動するインデックスファンドとなります。
海外債券には為替リスクがつきものですが、「楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンド」は為替ヘッジするので値動きが国内債券インデックスファンドばりにマイルドになることが期待されます。

『楽天・バンガード・ファンド』シリーズに新たに全世界債券(為替ヘッジ)ファンドの追加を発表|楽天投信投資顧問(PDF)

» 記事の続きを読む

関連記事

野村アセットマネジメントのDC専用ファンド14本の信託報酬引き下げ

プライスダウン 値下げ 引き下げ 費用

野村アセットマネジメントが運用するDC(確定拠出年金)専用投資信託14本の運用管理費用(信託報酬)が引き下げられることになりました。

外国株式こそ業界最安値には達していませんが、他のアセットクラスでは業界最安値という水準となっています。

野村アセット、DC投信の信託報酬下げ

野村アセットマネジメントは6月から7月にかけて確定拠出年金(DC)向け投資信託の信託報酬を引き下げる。下げ幅は最大0.1%で、国内株式型など一部では業界最低水準になる。企業が採用商品を選ぶ際にコスト

» 記事の続きを読む

関連記事

一括投資VS分散投資 8資産均等型バランスファンドの1年比較(2019年1月)

論争 夫婦 言い争い 戦争

毎月一定金額を積み立てるような分散投資(ドルコスト平均法)は、まとまった資金を一括投資する場合と比べて『有利でも不利でもない』・『気休め程度に過ぎない』など言われています。

実際に有利でも不利でもないのならば分散投資の勝率は長期的には五分五分くらいあるはずなので、資産運用において主要とされる先進国株式インデックスファンドと8資産を均等配分しているバランスファンドの基準価額をもって確認していくことにしました。

前回記事の先進国株式インデックスファンドで、一括投資1年リターンが分散投資1年リターンに連続して劣るのを確認できたように、右肩上がりだった世界経済の先行きが不安定になってきているのを実感します。
より広域に分散された8資産均等型バランスファンドでも、基本的にはリスクアセットクラスである株式の動向に大きく影響されるのですが、株式100%投資と比べて下落幅がどれだけ現象しているのかをチェックしてみたりと役に立ててください。

毎月確認していく企画で、長期的に何勝何敗になるのかチェックしていきます。

» 記事の続きを読む

関連記事
Copyright © ほったらかし投資のまにまに All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます